« 花見ランニングと東京出張 | トップページ | スポンシーとの対話 »

2007年4月16日 (月)

otamaさんと会うの巻

きのうの研究会は空振り。
自分のプレゼンの番を緊張しながら待っていたが、時間切れで次回に持ち越し。
ああ、はるばる持参した数百枚のクソ重たいコピーが・・・インクジェットプリンタで気が遠くなるほど時間のかかったカラーのレジメが・・・クラクラクラ・・・。
で、でもまぁ。会自体は勉強になったし。まぁいいか。
会の主幹は他社トップ。時間通りに始まり、時間が来たらきちんと終わる。積み残しは次回に回す。ムリに会議を延長しない。
たしかにその方が負担感が少ないし、長続きする。
「時間で始まり時間で終わる」はAAで学んだ貴重なTIPSのひとつだけど、こうしてじっさいにうまく機能しているのを目の当たりにすると、あらためてAAのやり方はうまくできてると感じた。

会が終わってから、一体どうなんでしょうのotamaさんとお会いしてきた。
ブログで知り合った方と直接お会いするのは初めてである。
いま黙々とランニングを続けているが、もとはと言えばotamaさんのブログに書いてあったひと言がきっかけだ。
たしか「体力作りに数百メートル走ってみたら息が切れた」と言うようなことをさらっと書いてあった。そのひと言がなぜか頭から離れず、自分も走ることに決めた。
それがいまでは黙々と長距離を走るようになっている。
職場のPCの件で勘違いしそうになった時にアドバイスをいただいた御恩もある。
いろいろお世話になっている方なのである。

現実世界のotamaさんは、たいそうすてきな方でございました。
美人でオシャレで知的な方で、すっかりうろたえてしまう。
イカン。不意をつかれた。プレゼンなど比べ物ならないほど舞い上がってしまう。
へ、平常心平常心・・・。
言い聞かせるが、ステータス異常を起こしているのが自分でも分かる。
ドラクエで言うと「まひ」または「こんらん」。ひょっとしたら「バーサク」。
完全に挙動不審に陥っているワタクシに、otamaさんは気さくに話しかけてくれたのでした。
otamaさん、どうもありがとうございました。
いただいたCD、大事に聞いています。
バンディリア旅行団、美しい曲ですね。
いつかライブで聴いてみたいです。

|

« 花見ランニングと東京出張 | トップページ | スポンシーとの対話 »

コメント

ほめすぎです!>カオルさん
喫茶店で「おーみやげーはーふーきーやー♪」と歌うヤツです。やや扱いに困るタイプかと。

ってことで昨日はありがとうございました!
お土産に頂いたお菓子、会社に持っていてみんなで食べました。
アレ、うまいっすね。あっさりしてて。
2個も食べちゃった・・・。

ケラ沢詰め合わせ、お気に召すといいなぁ、と思いつつ。
バンディリアは、綺麗な曲ですよね。;)

ライブ、いつかご一緒したいものです。

そういえば、純ちゃんと平沢さんは仲良しでして、純ちゃんがコーラスの曲も何曲か入ってますよ。

投稿: otama | 2007年4月16日 (月) 21:12

こんばんは、otamaさん。
こちらこそ、きのうはホントにありがとうございました。
ほめすぎだなんて、イヤイヤ、これでもかなり控えめな表現にとどめております。
おみやげ「ままどおる」は地元では有名なお菓子です。
「ミルクたっぷりママの味、ママ、ママ、ままどおる」のメロディは、県内では歌えぬものがいないくらいです。
「ママ」はともかく、「どおる」が何を意味するのかは永遠のナゾです。
ライブ、いつかぜひご一緒に!
それにしても「おみやげは吹き矢、バスの駅から放つ」って・・・。

投稿: カオル | 2007年4月16日 (月) 22:06

う。普通に「ドール」なのかと思ってました。
ママ人形?
ち、ちがうのかな。。

それにしても、お土産の吹き矢はバスの駅から放っちゃ人が死ぬからやめましょう。

投稿: otama | 2007年4月16日 (月) 23:12

平仮名で「ままどおる」。気になってググってみたらwikipediaに載っててビックリしました。
スペイン語で"お乳を飲む人々"の意味だそうです。
"お乳を飲む人々"と言う単語を創造するスペイン人のセンスにも驚きですが、なぜそれをお菓子の名前に?
ミルクたっぷりママの味って、ひょっとして母乳イメージの菓子?いやーん。
ナゾは深まるばかりです。
しかし「あきらめに行こう」って、イイ出だしですね。
カッコイイ!
次回はぜひフルコーラスとおしでお願いします。
喫茶店で(笑)。

投稿: カオル | 2007年4月16日 (月) 23:34

スペイン語だったってのは驚きですね。
Wikipediaってすごいなぁ。

あきらめに行こう、のカッコよさに気づいてしまいましたね。
そうやって平沢を繰り返し聞くと、こう、中毒になっていくのです。(笑)
はまってしまえーー!

喫茶店での歌はいくらでも歌いますぜ。

投稿: otama | 2007年4月17日 (火) 22:26

あきらめに行こう、のあとがイマイチ聞き取れねぇっス。
あきらめに行こう
人魚の信者の船で
人の世は赤い、太古の運河の栄光
らぶぅ〜ん、おら〜ん(?)
夢も見えた弾み
おみやげは吹き矢、バスの駅から放つ、でいいのかな。
あ、外に誰か来たようです。
「こんばんは、ジャスラ・・・」

投稿: カオル | 2007年4月17日 (火) 23:57

あきらめに行こう、人魚の信者の船で
人の世は赤い、太古の噴火のエコー
Love you ほら吹き
夢も見れたはずに
おみやげは吹き矢、バスの駅から放つ

「あ、何をする!貴様、ジャスラ(乱闘

投稿: otama | 2007年4月18日 (水) 23:44

正しい歌詞、サンキューです!
平沢進ってオリジナリティがありますね。
じっくり味わいながら聴いております。
しかし、こういうところでちょっと歌詞を出すのにもビクビクしなくちゃいけないのってどうなんでしょう。カスラッ○と呼ばれても仕方ないような。

投稿: カオル | 2007年4月19日 (木) 23:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35048/14703670

この記事へのトラックバック一覧です: otamaさんと会うの巻:

« 花見ランニングと東京出張 | トップページ | スポンシーとの対話 »