« OSMのチラシを作るの巻 | トップページ | パフューム-ある人殺しの物語- »

2007年3月26日 (月)

NATIVE INSTRUMENTSの悲劇(3)

NATIVE INSTRUMENTS社からメールが来た。

subject: can not activate

Hello XXXX XXXXXX(ぼくの名前),

i enabled your hardware profile again for you.
When you run the service center now your products will activate..
best regards
alexander

***

->>>>>> NATIVE INSTRUMENTS - The Future of Sound <<<<<<-

ほほーう。アクティベートできるように修正してくれたか。
今度こそだいじょうぶだろうな。
さっそくServiceCenterを起動してみる。
またしてもServiceCenterが不調。なぜか起動せず、結局NIサイトからあらためてダウンロードし直して最新版に自動アップデート。
手間がかかることこの上なし。

で、あらためてServiceCenterを起動。
すると・・・。


Activate_success


おおお!
アクティベート成功!
あれほど四苦八苦したのがウソのように、一発でアクティベートが成功した。
やったよ・・・。

でも。ま。
考えてみたら、きちんと使えて当り前なんだよなー。ここまで手間がかかるとは・・・・ま、使えるようになったからいいか。
ありがとうNATIVE INSTRUMENTS社のみなさん。アレクサンダーさん。
使いこなせるようがんばるからねー。
あ、でもまだKONTAKT2とMASSIVEとKOREのインストールが残っているんだよな。
それぞれ
インストール→アップデート→アクティベートの手間を踏まないといけないんだよな。
日暮れて道遠し・・・。

|

« OSMのチラシを作るの巻 | トップページ | パフューム-ある人殺しの物語- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35048/14361678

この記事へのトラックバック一覧です: NATIVE INSTRUMENTSの悲劇(3):

« OSMのチラシを作るの巻 | トップページ | パフューム-ある人殺しの物語- »