« 私語のモンダイ、その後 | トップページ | ミーティングの効用 »

2006年11月 8日 (水)

ナゾのドネルケバブラーメンを発見!

先日、ドネルケバブラーメンなる看板を発見。
見つけた瞬間、しばらく動けなくなった。

Donerkebabu


ドネルケバブと言えば、ばかでかい肉のカタマリをサンドバッグのように上から吊るして、グルグル回しながら焼き上げる料理だ。
焼けた表面の部分をナイフでそぎ切りにして、甘辛いタレを絡めてパンなどにはさんで食べる。ロックフェスでも良く屋台で出ている。
あれをラーメンとコラボするとは・・・。
やはりラーメン屋のカウンターの向こうで、でかい肉がグルグル回っているのだろうか。
浅黒い肌の中近東っぽい方がカタコトの日本語でラーメンの注文を取ってくれるのであろうか。「麺固めでお願い」とか通じるんだろうか。店の異様さとは裏腹に、ラーメンに入ったドネルケバブは「ちょっと変わったチャーシュー」程度のインパクトしかないのではなかろうか。
そもそもバカでかいドネルケバブを回すより、ふつうにチャーシューを鍋で煮た方が早いのでは・・・。

などなど妄想をたくましくしていたのだが、残念ながらすでにこのお店、空き店舗になっていた。
二〇〇六って書いててもう閉店かよ!そもそも漢数字の二〇〇六って!
元祖ってなんだよ元祖って!子孫とか分家がいるのかよ!「まんじ」ってなんだよ!卍かよ!ジークハイル?そりゃカギの向きが逆だよ!

わずか数行の看板ながらツッコミ所満載。
ああ閉店前にいちど行ってみたかった。ドネルケバブラーメン。

|

« 私語のモンダイ、その後 | トップページ | ミーティングの効用 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35048/12585162

この記事へのトラックバック一覧です: ナゾのドネルケバブラーメンを発見!:

« 私語のモンダイ、その後 | トップページ | ミーティングの効用 »