« ケーキバイキングで玉砕 | トップページ | 仙台の横丁 »

2006年7月19日 (水)

MacBook、入院・・・

で、不調のMacBook。
先日Apple Store Sendai Ichibanchoに持ち込んだところ、その症状はマザーボード関連の不具合ではないだろうか、とのこと。
点検・修理のためにあずかってくれるというが、しかしなにぶん仙台は遠隔地。
修理が終わったら宅配便で送ってもらえないだろうかと交渉してみたが、それは承れないとのこと。
また、修理が終わってから長期に預かるのもむずかしい、と。
宅配でのやり取りであれば、コールセンター経由の方がいいのではないか、との提案を出されました。

こう書くと何だかお店が不親切みたいだけど、途中の話し合いで紆余曲折あって、この結論にたどり着いただけで。
ジーニアス・バー(アップルストアの中にある、Macの問題を何でも相談してくれる部門。ほんとうに洒落たバーカウンターみたいになっている)のお兄さんは、非常に親切に相談に乗ってくれました。
自分で交換したメモリとHDDが搭載された状態で持ち込んだんだけど、トルクスドライバーとプラスドライバーを貸してくれて、純正の状態に戻すのも手伝ってくれたス。

で、18日の火曜の朝イチでアップルコールセンターに電話。あす20日に、職場に業者がピックアップに来てくれることになりました。
自分でメモリ・HDDを交換しているんで、無料修理の保証範囲外になる覚悟はしていたんですが、コールセンターからの折り返しのメールによれば、保証半以内だとのこと。おお、太っ腹。
あとは無事に修理が済んで、MacBook本来の性能を発揮してくれることを願うばかり。

しかし、メモリとHDD。どうしようかねー。
また壊れたらイヤだしなー。うーん。こんなことなら、高上がりでも購入時にスペックアップしておけば良かった。

|

« ケーキバイキングで玉砕 | トップページ | 仙台の横丁 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35048/11007248

この記事へのトラックバック一覧です: MacBook、入院・・・:

« ケーキバイキングで玉砕 | トップページ | 仙台の横丁 »