« 荒吐、帰ってきました | トップページ | 荒吐で下山淳を見た »

2006年5月 2日 (火)

胸いっぱいの愛を

いやさ、荒吐ロックフェスでラブサイケデリコが出たときにね。
.「LADY MADONNA〜憂鬱なるスパイダー〜」の途中で、レッド・ツェッペリンの「Whole lotta love」をやったのよ。
「おお〜ツェッペリンやるかぁ〜」と思ってちょっとドキドキしながら見ていたのね。
で、客席を見ると、明らかに若いひとたちは戸惑っている風なの。何の曲か知らない風なの。
だって、ツェッペリンだよ。「胸いっぱいの愛を」だよ。ハードロックの始祖だよ。
そうか。ティーンのみなさんにはなじみがないか。
こーゆーことを書くとおじさん臭いかも知れんが、ロックファンが大挙して集まっているロックフェスで、その大多数がツェッペリンの代表曲を知らないっぽいというのは、時代の流れを感じました。
まーそういう自分だってビートルズやストーンズでまだ聴いてない曲もあるし。
90年代後半以降の洋楽ロックシーンはサッパリ分からないし。
でも、そうか。みんなツェッペリン知らないか。そうかそうか。ブツブツ。

という話をデリコが終わってから妻にしたら。
「あたし、ビートルズだって有名なのしか知らないもん」
そ、そうか、そうだよな、みんながみんな有名な曲を全部知ってるわけじゃないもんな。
ひとの知識の多寡をうんぬんしてはイカンよな。
それにしても、しみじみと想ふ。昭和は遠くなりにけり。

そうだ!いっそ「昭和ロックフェス」なんてのはどうだろう?
ルースターズ、スターリン、INU、フリクション、ウィラード、パパイヤ・パラノイア、ラフィン、プリプリ、ZELDA、吉野大作&ザ・プロスティテュート、マルコシアス・バンプ、たま、EP-4、ゴーバンズ、有頂天、筋肉少女帯、リザード、アナーキー、ヒカシュー、P-MODEL、ジューシー・フルーツ、Phew、裸のラリーズ、サンディー&ザ・サンセッツ、泯&クリナメン、ソドム、ゴメス、非常階段、一風堂、ヤプーズ、パール兄弟、ARB、ザ・モッズ、スライダース、


ああ、いくらでも出てくる。

|

« 荒吐、帰ってきました | トップページ | 荒吐で下山淳を見た »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35048/9855960

この記事へのトラックバック一覧です: 胸いっぱいの愛を:

» テルミン [ギター初心者のための奏法解説]
映画、永遠の詩の中でジミー・ページ氏が使用していたことで有名になったテルミンですが、それ以降はあまり名前を聞く機会がありませんでしたが、先日ラジオでテルミンを使用し音楽活動を行っている方をしることができました。一見操作が単純なようですが、極めるには、なかなか奥が深い楽器のようです。... [続きを読む]

受信: 2006年5月 6日 (土) 22:04

« 荒吐、帰ってきました | トップページ | 荒吐で下山淳を見た »