« イカスぜ!寺内タケシ! | トップページ | U2のチケット・・・ »

2006年1月22日 (日)

We will meet again.

近ごろはノーテンキなキャラクターが身に付いてしまっているが、もともと自分ではシリアスな性格だと思っている。ホームグループのおかげで、どうもお祭りっぽい性格が後天的に形成されているようだ。む。
AAにつながったばかりのころはしんどいことが山ほどあった。

AAにつながって1年になるころ、当時つきあっていた女性と別れた。
共依存の関係だった。たがいを縛りあう苦しい主導権争いが続いていた。
これ以上彼女と生活を共にしていたら、互いを傷つけあうだけだ。ふたりともプライドと意地で関係を続けているだけ。紆余曲折あって、ぼくは彼女の家を出た。

最後の酒からわずか3ヶ月目のことだった。
それまでにも何度も何度もスリップをくり返した。酒をやめられる自信なんてこれっぽっちもなかった。
また飲んでしまうにちがいない。仕事もクビになるだろう。AAでだって、これだけスリップしてもまだ酒がやめられない、だらしのないやつ。そう思われるに決まっている。自分で自分が信じられなかった。卑屈な気持ちだった。
彼女の家を出たのはいいが、ひとりでまっくらなアパートにいると、言いようのない虚しさと落ち込みに襲われた。
頼るべき相手がいない。孤独を埋める埋め草がない。ひとりっきりだ。この広い世界で、ぼくはこころを開く相手がだれもいない。たったひとりだ。
夜、革靴を毎晩時間をかけて磨いた。ぼろTシャツとブラシで汚れを落としては磨き、シューローションと靴クリームを塗り、また磨き上げる。そうやって時間をつぶさないと、孤独と落ち込みに押しつぶされそうだった。手を止めると、さびしくて悲しくて涙がこぼれそうだった。

仕事にも身が入らなかった。早く仕事を終えてミーティングに行きたかった。トラブルや同僚の急な都合でミーティングに行けなくなると、例えようのない不満がつのった。イライラした。同僚や上司をこころの中でなじった。
そしてミーティングに行ったら行ったで、まったく仲間の話に集中できない。仲間の話が自分の考えが違うと、怒りやイライラが顔を出した。いつも頭の中に気難しい批判屋がいるようだった。
仲間の話を頭の中で批判しているだけで、得るものは何もなかった。よけいにイライラして落ちつかなくなった。そういう時期がしばらく続いた。

どうして飲まないでいられたのか、自分でも分からない。
あたたかいスポンサーに見守られていたから。それもある。
きびしい仲間のきびしい言葉に助けられたから。それもある。
でも、いまにして思えば、スポンサーやきびしい仲間のうしろには、何も言わないおおぜいの仲間がいた。
何も言わなかったけど、彼らはぼくが回復の道を歩けるよう、見守っていてくれた。
少しずつ、ほんとうに少しずつ、ぼくはAAメンバーに守られているような、ふしぎな感覚を覚えた。
こころに残る思い出深いミーティングを何度も体験したのもそのころだ。
話しかけてくれる仲間。あえてそっとしておいてくれる仲間。
遅れていくと黙ってうなずいて見せる仲間。下を向いたままイスの背を引いて、隣に座るよう勧めてくれる仲間。
ぼくが気づかなかっただけで、仲間はずっと見守っていてくれた。

「あのころ、死んじゃうんじゃないかと思って。あすまたミーティングで会えますようにって祈っていたよ」
何人もの仲間からそう言う話を聞かされたのは、ずいぶん後になってからだ。

だからぼくも祈る。
新しい仲間が、どうかつらい時期を乗り越えますように。
いまの苦しみが成長の糧になりますように。
若い回復したてのアルコホーリクにつきものの、あのヒリヒリするような痛みを何とか乗り切りますように。
いつの日かいまのことを振り返って、みんなで笑える日が来ますように。
何があっても、どんなにつらくても、命だけは失いませんように。
ぼくだけじゃない。仲間はみんな、そう祈っている。だからぼくも、仲間とともに祈る。

われわれはそれを愛と呼ぶ。そう。それはね。愛って言うんだよ。
つらくてもいい。話なんていくらパスしてもいい。途中で帰ったっていい。
また会いましょう。あしたも、あさっても、例え会えなくてもそのつぎに、そのつぎも、ずっとずっと、ずっと。

|

« イカスぜ!寺内タケシ! | トップページ | U2のチケット・・・ »

コメント

読んでて ストンと来ました。
ありがとうございます。m(__)m

投稿: たこ | 2006年1月26日 (木) 04:57

カオルさん、
カオルさんのグループにいたら、
お祭りキャラにならずにはいられませんよ!

しかし読んでてしんみりしました。

投稿: アノ | 2006年1月27日 (金) 11:37

たこさん
コメントありがとうございます。
こういう文章を書けるいまの自分がちょっとふしぎだったりします。飲んでいたころだったらぜったいに思い出したくないできごとだったでしょう。
しんどい時期は仲間みんな体験しますよね。
仲間を信じて、なんとか生き延びたいものです。

アノさん
書き込みありがと〜。
うちのグループは人数の割にイベントばっかりやっている困った(笑)グループです。
これからの季節もイベントめじろ押し。ふだんのバースデイミーティングも、自分たちでケーキを作るってんで大騒ぎになっていたりします。
楽しいですよー。
ああ、シリアスなキャラのはずが・・・。

投稿: カオル | 2006年1月27日 (金) 18:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35048/8269515

この記事へのトラックバック一覧です: We will meet again.:

« イカスぜ!寺内タケシ! | トップページ | U2のチケット・・・ »