« Intel Mac、あしたはどっちだ?! | トップページ | ableton Live5はいち早く »

2006年1月19日 (木)

ミーティングの波

先週末から今週にかけて、地元のAA(Alcoholics Anonymous)ミーティングに続けて参加できている。
仕事が混んでいて近ごろ思うようにミーティングに出られないことが多かった。
「このまま業務量が増えていってミーティングが減ってしまうのかな」と思うこともしばしばだった。
ミーティングに出ていると、たしかに自分の時間は減る。でもその代わり、気持ちが安定する。
思うようにミーティングに出られない時期は、どこか気持ちの中にイライラの種が居座っている。気持ちが穏やかだと思っていても、仕事のちょっとしたことで揺れたりする。
ミーティングに出て仲間に会っていると、どういうワケかそれがない。まるっきりAAのことを忘れているふだんの生活でも、ふしぎと気持ちが平らかでいられる。

先行く仲間がこんなことを言っていた。
「ミーティングに出られる時期、出られない時期、両方ある。出ても仲間の話がスッと入ってくるときもあればゼンゼン入ってこないときもある」と。
でもとにかくミーティングに出ていれば、たとえ気持ちが揺れていても仲間の輪に加わっていれば、何とかなる。悪い時期はやり過ごせる。きっと。かならず。

ミーティングに出られる時間をたいせつにしよう。
そしてミーティングに出られない時期でもあせらず、また時期がめぐってくるのを待とう。
良いときばかりじゃない。でも悪いときだってそう長くは続かない。
あせらず揺れず波風立てず。
ミーティングのひとつひとつをたいせつにしよう。
かけがえのない仲間を、その話を、たいせつにしよう。

|

« Intel Mac、あしたはどっちだ?! | トップページ | ableton Live5はいち早く »

コメント

カオルさん、
この記事はすごく共感できました。

ミーティングに出てても仲間の話が入ってこないこと、ぼくには良くあります。

ミーティングが終わっての帰り道も、頭の中が熱いまんまというか…。

そういう時は、カオルさんのいうよう「イライラの種」を常に抱えているような感じです。

でもやはり、それでもミーティングに出続けていれば、そういった時期も何とかやり過ごせます。
それだけは信じられますし、それ以外にこの病気に関して信じられることって、それほどないような気がします。

投稿: アノ | 2006年1月21日 (土) 23:56

アノさん、コメントありがとう。
この病気を指して「ころころ病」と言った仲間もいましたね。
気持ちがころころ変わる、感情もころころ変わる、やると決めたこともころころ変わる・・・。
酒をやめることに引き続いて感情のソブラエティが重要なテーマになっている意味が、最近少しずつ分かってきたような気がします。
このせち辛い世の中で、「信じる」ということのたいせつさを再認できるわれわれはしあわせなのかも知れません。

投稿: カオル | 2006年1月22日 (日) 09:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35048/8236114

この記事へのトラックバック一覧です: ミーティングの波:

» 閉じた心 [あすなろの憂鬱]
カオルとぼくと仲間たちにトラックバックしています。 ミーティングに行く気すらしなくなってしまって、4日間サボってしまった。 原因は人間関係とダレ。 とにかく知っている人 [続きを読む]

受信: 2006年1月21日 (土) 15:25

» 雪ですね [アルコール依存症、社会復帰への道]
いやー、降ってきましたね…。 朝家から外に出たら、一面真っ白で驚きました。 東京では交通機関も、山手線以外のJRでは支障が出てるみたいですね。 ころんで怪我をされる方も増えてきているようです。 みなさんお気を付けて…。 ところで、このブログは一応、 ....... [続きを読む]

受信: 2006年1月21日 (土) 23:56

« Intel Mac、あしたはどっちだ?! | トップページ | ableton Live5はいち早く »