« 温水洗浄便座、最後の戦い | トップページ | ミーティングの波 »

2006年1月18日 (水)

Intel Mac、あしたはどっちだ?!

で、IntelのCPUを搭載したMacintoshのノート、MacBook Pro
デュアルコアだしIntelだし、G4PowerBookの4倍速をウリにしているのですが。
不安要素として、いままでのOSXのソフトはRosettaというエミュレーションモードで動作するらしいんだけど、このRosettaベースで、期待した快適性を出してくれるのかどうかと言う点。
propellerhead社のreasonに関して、こんな発表が。

Propellerhead製品のIntel Mac対応状況について

>ReasonはRosettaにより動作しますが、パフォーマンスはG3クラスのMacで動作させた場合に相当するまで低下します。

ががーんっ!
じ、G3以下・・・。
ReasonはDTMソフトの中では動作の軽さがウリ。そのReasonにしてさえその程度なら、もっと処理の重たいDAWソフトやソフトシンセなどは使い物にならないのでは・・・。
ただ、続く記事ではこんな記述も。

上記のパフォーマンスはIntel Macの正式な出荷時には改善されている可能性もあります。ただし、まだ私たちの元ではテストが行われていません。

Intel Macに最適化されたUniversal Binaryバージョンの製品については、現時点でまだ公開できるものはありません。ただし、PropellerheadではMac OSプラットホームでの開発を継続していくことをお約束します。

ホッ。
はやくuniversalバージョンが発表されて、Macユーザの不安が払拭されますように。

|

« 温水洗浄便座、最後の戦い | トップページ | ミーティングの波 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35048/8225210

この記事へのトラックバック一覧です: Intel Mac、あしたはどっちだ?!:

« 温水洗浄便座、最後の戦い | トップページ | ミーティングの波 »