« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月31日 (土)

これから年越しミーティング

これから一泊で年越しミーティングに行ってきます。
久しぶりにAAざんまい。
思えば今月はマツケンとか業務とか忘年会とか歓迎会とか、職場関連でミーティングに行く時間がかなり制約された。ミーティングに行かずにいると、だんだん自分の中に良くない何かがたまっていく。
独りよがり、高慢。イライラ。ひとを見下して批判したがる気持ち。
職場やアパートの大掃除も大切だけど、自分自身の大掃除はもっとたいせつ。
仲間と一晩過ごして、自分をたしかめよう。
回復の道を仲間と歩く、ひとりのアルコホーリクだと。

・・・ええ。
そうなんです。
結局、夜中までかかって年賀状は書きました。でも、大掃除も来年の用意も終わっていないんです。

でも。いいの。
がんばって、年賀状だけ終わったんだから。
がんばったよオレ・・・。
うう・・・。(ちょっと自己憐憫)

このブログを読んでくださっているみなさま。
昨年一年、本当にありがとうございました。
最初のころとはずいぶんトーンが変わったブログになってしまいました。
こんな調子で、「カオルとぼくと仲間たち」はまだまだ続きます。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年12月30日 (金)

年末の予定をなんにもしていないの巻

日々の雑事に追われ、気がついたら今年も残すところあと1日になってしまった。
われわれ夫婦、新年を迎える用意をしていない。なーんもしていない。もー、カンペキに、徹底して、隅から隅まで、なーんにもしていない。
年賀状の準備もしていない。この記事を書いている時点で、ただの一通も書いていない。
大掃除もしていない。部屋、散らかったまま。
年始の予定もゼンゼン決まっていない。
ぼくは31日からAA、わがホームグループ主催の年越しミーティングに参加して、元日の昼には帰ってくる。その後の予定がなにも決まっていない。
仕事は、ことしは同僚にめぐまれたせいか、奇跡的に31日から正月3日まで休むことができた。
ううむ。せっかくの正月休み。来年以降はまるまる4日なんて取れないであろう正月休み。
ただボーゼンと過ごしても良いものか。
ううむ。
悪い予感がする。
正月は大掃除と年賀状書きと食材の買い出しなどで終了しそうな予感がひしひしと押し寄せてくる。
それってただの年末じゃん・・・。
ああ、でもだんだんそんな気がほんとうにしてきたよ・・・。
年内に済ませて、ちょっとでもボードに出かけられると良いんだが。ううむ。ううむ。
とにかくきょう仕事が終わってからあすの午前中までが勝負だ。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月29日 (木)

大混雑の駐車場、遠くに止めるか、近くを探すか

年末である。
クルマで異動する身にはちとしんどい季節である。
どこもかしこも渋滞するのだ。
繁華街やショッピングモールだけでなく、幹線道路も、幹線道路に流入する小道も、ほとんどの道路がふだんよりも通行量が増え、移動がもたつく。
年末の買い物、帰省。今年はそれに加えて道路状況の悪さがいっそう渋滞に拍車をかける。
きのう、用があって駅前に車で行った。
も。
混むの何の。ふだんならぜんぜん引っ掛からない交差点も、信号3回待ち。
3回待ってようやく信号機を越えても、その先にエンエンと続く長い渋滞。
それを乗り越えて目的地についても、こんどは空きスペースを探してグルグルと駐車場を周回することに。
ああ・・・。

いつも思うんだけど、何周か回っても入り口に近いところに空きスペースを探した方が良いのか。
それとも入り口から遠いところを最初っから目指した方が良いのか。
興味深い記事がありました。

シリコンバレー101 混雑の駐車場、遠くに止めるか、近くを探すか……
MYCOM PCWEB

この記事に書いてある実験では、最初から遠いところに停めた方が10秒くらい時間の節約になるとか。
実験に使ったのは72台分の駐車スペースってことだから、ショッピングモールの駐車場としてはかなり小振りな方だ。ぼくの生活圏にあるようなもっと規模の大きい駐車場では、きっともっと差が大きくなるはず。
そうかそうか、やっぱりそうか。
たしかに、入り口に近いところをウロウロしているとなかなか駐車スペースは見つからないわほかのお客さんがひっきりなしに横切るわ子どもが飛び出すわで、神経を使う。最初っからそう言うところには近寄らずに、遠いところに停めた方が精神衛生上も良いもんね。よけいなCO2も排出しないで済むし。
よーし。これからは遠いところに停めて、しっかり歩こうっと。

・・・でも、自分が遠いところに停めた後で入り口の真ん前に空きスペースがあったりすると、なんとなく残念なきもち・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月28日 (水)

音速ライン〜疾走するセンチメンタリズム〜

fuukeibyousha
ほんとうに好きなアーティストは、なかなか書き出せないでいる。表現する言葉を選んでいるうちに、何をどう書いていいのか分からなくなるんだ。
音速ラインも、そんなバンドのひとつだ。
音速ライン
最初に聞いたのはシングル「スワロー」だった。
キャッチーなメロディ、線の細いボーカル。
アジカン風味の、流行のギターサウンド。最近流行の、パンクよりのギターロックバンド。でも、たとえばnumbergirlほどのインパクトはない。素直さと繊細さがうかがわれるけれど、いまひとつとらえどころがない。
そんな印象だった。
でも、なぜか気がつくといつも、クルマで「スワロー」をくり返して聴いていた。
気がつくと「街風」を購入していた。そしてやっぱり、クルマでくり返しくり返し聴いていた。
そして11月。
待望のファーストアルバム「風景描写」がリリースされた。
いま、ぼくのクルマではこのアルバムしかかかっていない。車に乗っている間、ずーっと聴いている。

センチメンタリズム。リリシズム。
感傷的で切ない歌詞が、美しい歌メロに乗っかって耳に飛び込んでくる。
ボーカル&ギターの藤井 敬之。きっとロマンチストで繊細なひとなんだろう。
傷ついたこと、傷つけたこと。信じようとしたこと、信じたこと。
彼の歌を聴いてると、なにがなんだか分からないまま、十代のころの切なく泣きたいような一生懸命な気持ちがよみがえってくる。
ひたすら疾走するリズム隊とディストーションギター。泣きたいくらいに切ない気持ちを乗せて、バンドのダイナミズムはとどまることなく突っ走っていく。
ファーストアルバムであるこの「風景描写」には捨て曲がひとつもない。
どの曲も、藤井の表現しようとした世界があますところなく広がっている。
既発表曲が何曲か入っているが、「完成度の低い曲で隙間を埋めるくらいだったら既発表曲を再録してでもアルバムの密度を高めたい」という思いからではないだろうか。
誤解を恐れずにいえば、スピッツの楽曲から上質のテイストを取り出してバンドサウンドに載せ替えた感じ。
このアルバムだけに全力東京しちゃったら、これでもう才能が枯渇しちゃうんじゃないか。そんな心配が湧いてくるくらい美しいメロディが全編に散りばめられている。
ギターを持った男の子が演奏する、甘く、切なく、すてきなアルバムです。
いつかライブが観たいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月27日 (火)

春フェス登場、SPRINGROOVEとPUNKSPRING

国内初の、春のロックフェスが開催されるそうだ。
そもそもロックフェスってサマソニとフジロックしか知らなかったけど、いろいろやっているんですね。
サマソニと同じ主催者が「ソニックマニア」という冬のフェスも開催したこともあったそうな。へー。
で、今回登場するのは、サマソニと同じクリエイティブマン主催のSPRINGROOVEとPUNKSPRING。
いちおう別企画らしいけど、じっさいはそれぞれ二日間で東京・大阪の2会場をアーティストがいっせいに入れ替わるサマソニ方式。
PUNKSPRING
SPRINGROOVE
会場も、東京はサマソニと同じ幕張メッセ。
ううむ。サマソニでフェスの楽しさを覚えてしまった身としては、是非とも行ってみたい。知らないアーティストでも楽しめることも分かったし。
しかし、パンクの日はずーっとパンク。グルーブの日はずーっとヒップホップ。
これ、ちょっとつらいなぁ。
いろんな毛色のアーティストを思い思いに楽しめるのがフェスの魅力だと思う。パンク好き、ヒップホップ好きにはたまらないのかも知れないが、とくにジャンルに傾倒していない一般のリスナーへのアピール力はイマイチのような気がする。
パンクの方、そうだね、ランシドとか来てくれたらぐーっと気持ちが傾いちゃうんだけどなー。
イギー・ポップなんて来てくれたら即チケット購入なんだけど。
今後、出演アーティストの発表はチェックしておこうっと。
そうそう、前にも書いたsubwaysが来日するんですね。うう、行きたい・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月26日 (月)

猪苗代スキー場は骨の髄までパウダー

ちょっと前だが12月23日、猪苗代スキー場に行ってきた。
磐梯高原猪苗代スキー場
このスキー場は、猪苗代町営、猪苗代中央、猪苗代ミネロの3つのスキー場が合体して成り立っている。
経営母体がそれぞれ違うんだそうだ。
いままで町営と中央の一部分は、ナイターで何度となく行っている、が、ミネロははじめて。
今回、友人に誘われて滑ってきた。友人はファンスキー、ぼくはボード。
残念ながらキッカーやレールのたぐいはいっさいなし。
今回は友人といっしょと言うこともあり、あまり個人練習的なことは行わず。ひたすら彼とともにクルージング。て言うか、彼の後にくっついて行かないとすぐ道に迷ってしまいそう。
atminero
彼はガイコツの着ぐるみにサンタスーツ。なんでもこの日は、サンタの格好をして行くとリフト料金が無料になるんだとか。うう、知っていればぼくも・・・。
久しぶりのスノーボード。
ゲレンデのコンディションは上々。ふつうはシーズンはじめはなかなか思うように滑れないんだけど、今回は雪質に助けられました。多少バランスを崩そうがフォームが不安定だろうが、雪が良ければどうにかなっちゃうのね。
そうそう、このスキー場のウリのひとつが「赤埴大回転コース」。
ハンパじゃないコブ斜面だとか。おお、これは行ってみるしか!
「スキーと違って、いざとなればお尻で滑ってきちゃえばいいもんね」とたかをくくって赤埴行きのリフトに乗ったのが運の尽き。
この日、前日にどっさり降った雪で、コブ斜面にはなっていなかった。代わりに、どこまでも深い深いふかふかの新雪。
ボードがパウダーの中にめり込む。こける。雪の中で2回転くらい前転をする。
このくらいはまぁ良い。
が、ふかふかの新雪。起き上がろうと思っても起き上がれない。手をつこうとすると手が雪の中に深々と埋まって行く。お尻をついて体を起こそうとすると、お尻が雪に埋まって体が縦に「く」の字に折れる。ボードと両足がいつまでたっても頭の上に来ている状態。
で、悪戦苦闘しながら何とか立ち上がる。立ち上がるのももちろん新雪の上。バランスが取れず、立ち上がった次の瞬間にはふたたび雪の中で前回りをしている。
いやはや。
赤埴を脱出するだけで、この日の体力のほぼすべてを使い果たす。
ホント、春が来るまで埋まっているしかないかと思いましたよ。帰ってこれて良かった良かった。

で、この「赤埴大回転コース」をモチーフにシェフが考案したと言う、赤埴カレー。
akahanicurry
おお、赤埴のコブが!
みごとに料理皿の上に再現されておる!
見た目は可愛いけれどなかなかに辛口なところも、赤埴の特徴を良く表現している。
なかなか美味しいカレーで、お腹いっぱいになったのでした。
この日は昼食後、2本ほど滑っておしまい。
この冬は雪がひどくて参っちゃうけど、スキー場に限って言えばベストコンディションです。
うぉーし、この次は猫魔だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月24日 (土)

クリスマスミーティング

あすはホームグループのクリスマスミーティングだ。
日曜の昼間、仲間みんなでケーキを作り、フライドチキンを揚げ、楽しいAA流のクリスマスを過ごす。
仲間たちと話し合いをし、何ヶ月も前からあれこれ計画を立てていた。
仕事も休めるよう(休日なんだけど)手はずを調えていた。
が・・・。
やっぱり仕事が入っちゃった。
支社トップがほかの支社幹部の葬儀にどうしても出なくてはならなくなり、そのカバーに入ることになった。
ガックリ。。。楽しみにしていたんだけどなぁ・・・。
まぁ、あんまり気を落とさないようにしよう。
今年は出られないけれど、その分来年のクリスマスミーティングを楽しみに待つことにしよう。
こころおだやかに、おだやかに。
気持ちの波、どうか収まれ。
職場で当てにされていることに感謝しよう。
いっしょうけんめい仕事をして、ミーティングに出られるときは仲間の話にきちんと耳をかたむけよう。
感情の波に翻弄されないよう祈ろう。
怒り、恨み、ねたみ。
手放せるよう祈り続けよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月23日 (金)

ぼーっとしている

ここ2日ばかり、ぼーっとしている。
何だかこころが冬眠にでも入ったみたい。
ギターの練習をしていても半分眠ったみたいに同じフレーズをくり返しているだけ。
外は真冬。
町も道路も凍りついている。
あすからまた仕事。キアイを入れなくっちゃ。
それにしても、なんだってこんなにぼーっとしているんだろう?
やっぱり寒さのせいなのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月21日 (水)

久しぶりにミーティング

久しぶりにミーティングに参加。
仲間の顔を見てホッとする。
やっぱりAAはいいね。
自分の立ち位置があらためて確認できた気がする。
AAで、仲間とともに、AAのやり方を使って生きて行こう。
これでいい。これでいいのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月20日 (火)

1ヶ月ぶりのジム

ようやくジムに行くことができた。じつに1ヶ月ぶり。
以前事務用にジャージを買ったと言う話を書いたが、じつはその後いちどもジャージの出番がなかった。
このままではイカン!
せっかく買ったジャージ、着なければ!着なければ!
強迫観念にも似た思いで日々祈っていた甲斐があった。
なんとかきょうは仕事が早めに終わった。

しかし。
一ヶ月のブランクは長かった。
ダンベル上げ、前は楽にこなせていたメニューがぜんぜんダメ。力が入らない。
エアロバイクも以前なら1時間はなんとかなった。きょうはもう20分過ぎたころからヘロヘロ。
わずか1ヶ月で、これほどに体力が落ちているとは・・・。
こりゃイカン。週に一度は通わなければ、あっという間にジジイ化してしまう。
また時間を作ってぜひ行きたいッス。
それにしてもねむい・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月19日 (月)

ミーティングに行けず

仕事が忙しく、なかなかミーティングに行けない。
行けないままではいけない。
そう思いながらもまったく時間が思うように取れない。
なんとかあさって21日には地元のミーティングに出るのだ。
それにしてもねむい・・・つかれた・・・。
仲間に会いたい・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月18日 (日)

寒波の中、勉強会とアップルストア仙台

朝からものすごい寒さの中、仙台に勉強会に行ってきました。
クルマで行く予定だったが、予報ではひどい寒波がやって来て天気が荒れるとのこと。高速が止まったりしたときのことも考え、結局高速バスを使うことに。いざとなれば新幹線で帰ってこれちゃうもんね。

勉強会は死ぬほどつまらなかった・・・・。

で、その合間に話題のアップルストアにお参りする。

apple store sendai ichibancho

applestore
iPod nano、はじめて実物を見た。いやはや、ちいさいのなんの。
小さい小さいとはウワサには聞いていたけれど、まさかこれほど小さくて薄いとは。これで2ギガとか4ギガとか入るって言うんだからスゴイ。
あと、アップルシネマディスプレイの30インチをデュアルモニタにしてあるディスプレイにも感動。
表示エリアが広い広い。ポインタを見失うくらい広い。
ためしにgaragebandを起動してデュアルモニタいっぱいにウィンドウを引き伸ばしてみる。何と、300小節くらいいっぺんに表示できるではないか。ちょっとした曲だったらスクロールなしで画面表示できちゃう。
うーん、欲しい・・・2台で60万円か・・・・はっはっは・・・。
ほかにも新型iMacをいじってきたり(カメラがついてて、ちょっとしたプリクラみたいなことができるんですね)と、楽しいひとときでした。
気になったのは、iBookとPowerBookがあまり主力っぽい扱いじゃなかったこと。PowerBookはつい先日マイナーチェンジしたばかりなのに。
やはりIntelチップ搭載のポータブルが来年早々に投入される前触れなのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月16日 (金)

クリスマスとサンタクロースについて思うの巻

クリスマスの季節がやって来た。
今年もあちこちにクリスマスの飾り付けが並び始め、街角にクリスマスソングが鳴り響き出した。
TVをつけるとどこかの大学のハンドベル部の女の子たちが映っていて、まじめな顔つきでジングルベルを演奏している。
子どものころから変わらない、12月の風景だ。
が。
しかし。
チョイとばかり気になることがある。
近ごろどーも「サンタクロースは実在してて、クリスマスの夜にそっとプレゼントを置いて行く」と子どもに思い込ませるのが正解。てな風潮があるような気がする。
職場の事務方の女性たちも「毎年こどもにサンタを信じ込ませるのがたいへん」「去年は危うくばれそうになった」という会話で盛り上がっている。で、そこから派生して「自分たちは何歳までサンタの実在を信じていたか」という話になったりしている。
それはまぁそれで、クリスマスの雪のように無邪気な、たわいのない会話である。
しかし、近ごろなんだかそれが「唯一の正解」みたいな風潮を感じて、やや違和感を覚えるのだ。
サンタ実在ファンタジーは、今や日本全体の共通理解なのだろうか。

ぼくが子どものころ、サンタクロースは物語や寓話の世界の住人だった。決して実在の人物などではなかった。
親からクリスマスのプレゼントはもらっていた。が、うちの親は「サンタからのプレゼント」などとは言わなかった。
「親である自分たちが子どもに与えるプレゼントである」と、きっぱりと明言していた。
そこに寓話やファンタジーの入り込む余地はなかった。きっぱりと、はっきりと、うちの親が労働の対価たる金銭を得て、それによって家族であるぼくたち兄妹に贈与を行っていると、明確に宣言していた。
だからといってわれわれ兄妹が夢のないクリスマスを過ごしていたかと言うと、そんなことはなかった。
われわれは両親に感謝した。
プレゼントを通して両親のあたたかい愛情を感じることが出来た。
両親に感謝し、家族でクリスマス料理(なぜかすき焼きが恒例だった)を食べた。それはそれは格別だった。とてもとても美味しかった。亡くなった祖母からも参加し、みんなで互いのプレゼントを見せあい、お腹いっぱいすき焼きを食べ、父が買ってきたクリスマスケーキを食べた。
薄っぺらい45回転のソノシートをレコードプレーヤーにかけて「赤鼻のトナカイ」だの「サンタが町にやってきた」だのを、何度も何度もくり返し聞いた。
夕方、母親がクリスマスの料理の準備をしているかたわらでレコードを聴きながら、ちいさなクリスマスツリーの飾り付けを何度も付け替えた。いまでも思い出すと胸があたたかくなる。懐かしいしあわせな思い出だ。

・・・関係ないけど、子どものころのレコードにまつわる思い出ってけっこう甘酸っぱく懐かしい感じがしませんか?たしか村上春樹の「国境の南、太陽の西」にもそんなシーンがあったよね。

「サンタ実在ファンタジー」がなくてもわれわれは十分にしあわせだった。むしろ親の好意に感謝し、家族の一体性を確認すると言う意味では、うちの親は的確なクリスマス指針を敷延していたと思う。
サンタクロースと言う寓話上の人物ーいちおうセント・ニコラウス司教という実在のモデルがいるけれど事実上寓話世界の住人ーについては早くから知っていたし、善行は尊敬すべきものであり自己犠牲は崇高であると言うメッセージはちゃんと(どこまで「ちゃんと」かはともかく)理解していた。
サンタ実在ファンタジーうんぬんがなくても、ぼくはしあわせなクリスマスを過ごしていた。

もし自分に子どもができたら、実在ファンタジーは植え付けないようにしたいな。
家族を愛し、家庭を尊重し、プレゼントはその象徴なんだと話そう。
セント・ニコラウスの話をして、感謝と共感と隣人愛と思いやりについて話そう。
感謝の気持ちでこころが満たされると、思いやりとなってあふれる。そんなAAの話をしてもいい。
その方がいい。その方がしっくりくる。
何となくその方が、本物のサンタクロースのそばにいるような気がする。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年12月15日 (木)

gforce future retro pack、再販?再入荷?

おおおっっ!
ちょっと前に書いたgforce future retro pack。
gforce future retro pack
わずかいちにちで販売完了した幻のソフトシンセパッケージ。
再入荷するらしいぜ!

M-audioのオンラインショップで、販売終了の表示ではあるけれど、カートに入れたり購入手続をすることは出来る状態だったんですね。
で、ダメ元で購入手続きをしておいたの。コメント欄に「ダメだとは思うんですが、再入荷したらぜひ購入したいです」と書き添えて。
で、3日くらい前からケータイにたびたび電話が入り、不明瞭な女性の伝言が残るようになっていた。
「エモですが・・・また連絡を・・・」「エンミです・・・またお電話差し上・・・」
エモ?エンミ?良く分からないけれど間違い電話か勧誘だろう。そう思って放置していたのですが、けさ目が覚めたらはたと気がついた。
「エム・オーディオだ!」
あわてて着新記録をたどってリダイヤル。やはりM-audioでした。ビンゴ!
何度かお電話いただいているのですが、future retro packの件じゃないかと思います。そう伝えるとすぐに担当のひとに代わってくれた。
説明によれば、クリスマスごろにアメリカから再入荷するとのこと。で、今回のオンラインショップでの注文を継続しても良いかどうか、とのお問い合わせでした。
継続も何も、願ってもない申し出。ありがたいことです。
もうダメだとばかり思っていた。いやはや。うれしいッス。
ハッッ?!
これってもしかして、otamaさんの「にんにく」のおまじないが効いたのでは?!
ありがとう!otamaさん!にんにくっ!にんにくっっ!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年12月14日 (水)

バンド&マツケンサンバ終了!

練習に練習を重ねてきたマツケンサンバ&バンド。
ついに終了。
つかれた・・・。
マツケンサンバはまだ良いんだけど、バンドがぼろぼろ。
なんか年々、練習量の低下と正比例してクオリティが下がってきているような・・・。
始まった年から「音がでかい」とヒハンを受けている。で、去年はかなり音量を下げた。自分のギターの音なんて良く聞こえないくらいに下げた。それでもまたまた「音がでかい」と言われた。
で、今年はさらに音量を下げた。
PAなんて通してないから、純粋にギターアンプの出力を下げるしかない。
ボリュームノブは10段階のうち「1.5」くらいだ。方角で言うと7時と8時のあいだくらいだ。
ギターアンプを持っている方は、このボリュームで鳴らしてみて欲しい。いかに貧弱な音しか出ないかが分かるだろう。
自分のギターの音。悲しいくらいにペナペナなのがはっきりと分かる。キーボードの音もベースの音も良く聞こえない。ほかのメンバーも同様らしく、全員が「おそるおそる」演奏している。
なおかつゲストボーカルに支社トップと事務のおねえさん方をお招きしている。
異様にマイクから遠ざかって歌う彼ら。その歌がちゃんとフロアに聞こえるようにしなければというアタマもあり、ますます音量を上げられない。

・・・と、音量やモニタのせいばかりでもない。
ふだんは間違えないようなフレーズを、ぼくも含めメンバー全員、バンバンまちがえる。
人前で演奏するってのは、ふだんの力量の6,7割しか出ないって聞いたことがある。まさにその通りだと思ったよ。そう考えるとライブハウスなどで演奏しているアマチュアだってけっこうすごいもんだと思う。
ましてや数千・数万の前でちゃんと演奏できるプロはやっぱりスゴイ。
しかしまぁ、ひとまず好意的に受け取ってもらえたし、良かった良かった。
あすからまた、まじめにギターの練習をしようっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月13日 (火)

マツケンざんまい

朝から本部、午後からもう一つの現場へ。
夜は支社に戻り、マツケンの練習。
もうダメ。踊り過ぎ。
足にマメが出来た。
マメの痛みをこらえてマツケンサンバを踊る。
気分はほとんどバレリーナである。
ひぃひぃ・・・。
いよいよあすは本番。
がんばりましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月12日 (月)

真夜中のディスカウントショップはしご

真夜中だと言うのに、ディスカウントのトライアルを3軒ハシゴした。
例のマツケン&バンドの衣装である。
二日前にトライアルでAA用に買った安い着ぐるみがバンドのメンバーにも好評で、急きょそろいの衣装に採用が決定。
で、ぼくと妻がなりゆきで購入担当になったのだが。
あろうことか、わずか二日前に売り場に並んでいた着ぐるみが、きょうはもう売り切れている。
店員さんに尋ねたら、おそろしく不機嫌な声で「棚に並んでなければありません」と言い切られる。
あわてて市内のほかのトライアルを探して回る。
結局、他店で二着ずつ購入でき、何とか數を間に合わせることができた。
ホッ。
やれやれ、ぼくはいったい、雪の降る真夜中に一体何をやっているんだろう。
でもまぁ、何とかメンバーとの約束を守れたから良いか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月11日 (日)

ステップ5のお手伝いとバースデイの巻

きのう、仲間のステップ5のお手伝いをした。
ステップ5。神に対し、自分に対し、そしてもう一人の人に対して、自分の過ちの本質をありのままに認めた。
午後いっぱい掛けて、仲間が自分の深いところに降りて行くのをお手伝いさせてもらった。
お手伝い、という気持ちだったけど、やってみたら自分にとっても思いがけず得るものがたくさんあった。
仲間の成長は自分の成長でもある。
ステップのお手伝いをするのは初めてでドキドキだったけど、終わった後には何ともいえない充実感があった。
仲間を通じて、自分の欠点もあらためて見えた。
こうして、われわれは回復の道を歩いて行くんだ。
ほんと、回復の道のりは新しい発見、新しい気づきの連続だと再認識。

で、夜はホームグループのバースデイミーティング。
これがまた、食べ切れないほどの手づくりケーキ。ミーティング前に、仲間たちが公民館の調理室で一生懸命作ってくれた。食べてもケーキ。食べてもケーキ。ケーキのわんこそば状態。
美味しゅうございました。
Sさん、あらためて1年のバースデイ、おめでとう。
いつもいつも穏やかな笑顔で、ホッとした気持ちにさせてくれます。
どの仲間もかけがえがないって、そう思うよ。
こころからおめでとう。また会い続けましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月10日 (土)

Gforce future retro packが1日で完売

ががーん!
絶対買い!と思っていたソフトシンセサイザーの詰め合わせ、Gforce future retro pack。発売と同時に売り切れ。
限定版とは聞いていたが、わずかいちにちで完売とは・・・。
M-audioのweb storeで見たときにはまだ売っていたんだよね。
が、「サウンドハウスで買えばちょっと安いかも」と思ったのが間違いだった。
たしかにサウンドハウス、直販より2千円安かった。
で、ソッコーでサウンドハウスで購入手続きを取ったのだけど、「メーカー売り切れのため取り寄せ不可」のメール。あわててM-audioのサイトで注文し直そうとしたら、すでに売り切れ。
あわててカモンミュージックで注文するが、さらに売り切れ。
この辺、サウンドハウスもカモンミュージックも現物がない状態で、受注後に取り寄せ販売の予定だったのだろうか。
それにしてもわずか1日で完売とは・・・事前にチェックしておきながら入手できなかったワタクシは・・・。
かと思うとIK MULTIMEDIAのプラグインの「なんでもアップグレード」(ほんとうにそう言う名前)みたく、あとで実質上の値下がりが来る場合もあるし。
ああ、future retro pack。欲しかったなー。
MinimonstaやimpOSCarが、実質1ソフト1万円。あああ・・・。
神さま仏さまM-audioさま。どうか再販されますように・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月 9日 (金)

バンドのれんしう

マツケンサンバと平行してやっている職場バンド。
クリスマス会の時だけのイベントバントとして発足し、早5年目。
去年からはマツケンサンバが加わったのとメンバーがダレ気味なのとで、例年どんどん練習開始時期が遅くなっている。
今年は、ほぼ実質1週間前から。
まったく怠けていたわけではない。マツケンサンバに労力を注いでいたから、限られた人員と時間と労力ではバンドまで手が回らなかったのは仕方がない。
しかし、それにしても。
きょうの練習でもあまり成果が上がらなかった。
ベースはまったくの初心者で、昼休みにマンツーマンでちょこちょこと曲を教えている。
そのベースの方がいちばんマトモに練習をしている。あとのメンバーは・・・ううむ・・・。
来週の月、火と練習して、水曜日が本番だ。
職場有志の同好会的な企画とは言え、半分は仕事である。や、ひょっとしたら半分以上か。
なんとかがんばりましょう。

それにしても今回の最初の練習は異様に冷え込んだムードだった。
メンバーが練習になかなか集まらない。集まっても曲を覚えてきていない。みんな通常業務や家庭があって、その上でのことだしねー。
モチベーションの高低。温度差。そう言ってはいけないのかも知れないが・・・。
職場バンドの限界だろうか。うーむ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 8日 (木)

やりたいことはいっぱいあるのに

本日も職場に泊まり。
やりたいことはいっぱいあるが思うように頭が働かない。
気がつくとぼーっとしてネットの掲示板を眺めている。
新しい機材を探してはサウンドハウスで値段を調べていたりする。
よくない。
もっと生産的なことをしなければ。いまのうちに書類を仕上げたり後回しにしていた仕事を片付けて、少しでも時間を作らなければ。
そうは思っても、気がつくとぼ〜〜〜っっとネットを見ている。
意識野が狭窄している感じ。
イカンイカン。
頭が回らないのは仕方ない。せめて睡眠くらいちゃんと取るようにしよう。
おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 7日 (水)

手帳が見つからない

毎年この時期になると書店には大小さまざまな手帳が並ぶ。
スケジュール管理には欠かせないものだ。
ぼくはここ2年ほどは紙の手帳は持ち歩かず、MicrosoftのEntourageで済ませてきた。
が、これだとパソコン環境がないときにスケジュールが確認できない。
近ごろはAAや本部など、さまざまなスケジュールがけっこう入るようになってきた。
職場だけだったらだいたいPowerBookが起動している状態だからいいんだけど、さすがにミーティングでとっさにPowerBookを開くことはできない。
結果、いろんな行事やイベントの参加も返事を保留にしたままになってしまい、後で連絡をするのも忘れてしまう・・・という、スケジュール管理の目的とはあべこべ、本末転倒の事態が頻発している。
イカン。
これはもう、紙のスケジュール手帳を復活させるしかない。

が。
使い勝手のいい手帳が見つからないんだよね。
何もむずかしいことは言わない。
1.ヒップポケットに収納して持ち歩くので、なるべく小さくて
2.ちょっとした書き込みのできるスペースを有する、日曜もしくは月曜始まりの格子状の1ヶ月カレンダー部分があって
3.多少込み入った書き込みのできる、一週間ごとのカレンダーが後半にある
というのが理想的。
以前は父が付きあい崎からもらってくる手帳がこの条件にぴったりで愛用していたんだけど、あるとき突然巨大化してしまい、ヒップポケットにおさまらなくなってしまった。
それでも無理やりヒップポケットに収納して何とか使っていたんだけど、あるとき丸井の試着室で紛失しかける騒ぎがあり、それ以来パソコンに切り替えた。
今年も何件か書店を見て回ったんだけど、条件を満たすちょうど良い手帳が見つからない。
条件2と3を満たすだけなら簡単なんだけどなー。みんなある程度大きいサイズなんだよねー。
手帳の後半部分の真っ白い書き込みスペースは数枚あればいい。いや、なくても構わない。
電話帳も時刻表も花言葉もあいさつ文例集も要らない。少しでもうすく小さくして欲しい。
でもうすくて小さい手帳はたいてい、2と3のどちらかが欠けている。
ううむ。
あと何件か見て回って気に入ったものがなければ、引き続きEntourageを使うしかないかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 5日 (月)

一週間ぶりのミーティング

マツケンや職場泊まり込みなどで、先週はほとんどミーティングにいけなかった。
きょうは一週間ぶりのミーティングだ。
久しぶりに仲間に会えて、ホッとする。久しぶりったってたった一週間なんだけど、やけに長いことあっていなかったような気がする。
ほんとうに、すごい安堵感。
いつの間にか、AAが自分の居場所になっていたことにあらためて気がつく。
仲間の話を聞き、自分の話をしているうちに、この一週間でじつにいろんな感情が自分の中に溜まっていたことに気がつく。ミーティングに来るまでは、そんなものがたまっていることさえ気がつかなかった。
都合で来れないときは仕方がない。来れるときはめいっぱい来よう。そして来たときにはめいっぱい吸収しよう。
自分を振り返り、間違ったときには直ちに認めよう。
少しでも良い生き方ができますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 4日 (日)

引き続き職場

引き続き職場に泊まり込み。
昼間、トップが本部の勉強会の帰りに立ち寄ってくれ、回転焼きの差し入れをもらう。
(勉強会、そう、本部主催の、支部ごとの出席率を取ると言うアレ)
近ごろジムに行く時間もなく、運動らしい運動と言えばマツケンサンバくらい。
職場に拘束されている時間が長く、ストレスのせいか、つい手近にあるお菓子などを食べてしまう。
ああ、太るなぁ・・・。
運動したいなり。
そう言えば県内のスキー場。かなりオープンしている。仲間の一人からはスキー場からのケータイ写真を送ってもらっている。
ボードウェアに身を包んで満面の笑みを浮かべた写真。
仲間のうれしそうな表情を見るのはうれしい。
でも、アノ、そのぅ。で、できればですね。
ゲレンデのコンディションなども写してくれるとありがたいのですが・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月 3日 (土)

断続的な停電

snowphoto
きょうから月曜まで職場に泊まりがけだ。
手の空いた時間に溜まっている書類や先延ばしにしていたデスクワークに取りかかろうとしたんだけど・・・。
さっき(午後1時半)くらいから断続的に何度も停電している。
職場のデスクトップPCは、停電した瞬間に即終了。バッテリーが入っているワケじゃないから当たり前といえば当たり前。こまめにデータをセーブしていない自分が悪い。。。。のだけれど。
電気が止まったくらいで終了しないでくれようっ!

事務方に聞いたら、職場の地区一帯が断続的に停電を繰り返しているんだそうだ。
原因はおそらく、ゆうべから降り続いている雪。だと思う。
午後から急に冷え込んできて、窓の外に見える雪の量も多くなってきた。
暖房も断続的に止まるんで、エライ冷え込んでいる。さ、さぶ・・・。
どうか日が暮れてからは停電しませんように。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月 2日 (金)

闘争本能に火がつくの巻

マツケンサンバの話の続き。
ある女性スタッフに指導役をお願いしているのだが、この女性、明るい方で、とても良く笑う。
良く笑うのは良いんだけど、ひとの踊りを見てケラケラと笑ってくれやがる。
ぼくはもともとが運動音痴なので、なかなか踊りが憶えられない。憶えても手足がイメージ通りに動かせない。それを見て笑い転げてくれる。
くぬぅ・・・。
子供のころの運動音痴のトラウマがむくむくとよみがえってくる。
ヒッシで踊れば踊るほど彼女は笑う。かなりムッとしているのが自分でも分かってくる。こっちは死にものぐるいで(おおげさですが)いっしょうけんめいヘタな踊りをがんばっているのである。笑うこたぁないじゃないか。
怒りとも闘争本能ともつかない気持ちがわき上がってくる。
笑うくらいだったら、ヘタッピでもちゃんと踊れるように指導してくれよう。
「も、もう少しゆっくりお手本を見せてくれないかな?」
感情を抑えて発言しているもののコメカミがピクついているワタクシ。
「え〜っ?!だって、ふつーにこうして(踊ってみせる)こうして(次の振り)こうすれば(キメポーズ)、ほら、ふつーにできるじゃん」
「(ふつうに、じゃできないひともいるんだよ)そ、それがほら、ちょっとよく分からないから」
「ん〜。そう言われても分かんない。要はてきとう」
「てきとう・・・そ、そう・・・」
むぅ・・・。「てきとう」と指導されて、できないオレを笑うか。笑うのか。そうかそうか。
そっちがそうならば受けて立つまでだ。くわっっ!!
アドレナリンが沸き立つ。ムリヤリ15回くらい問題の箇所をリピートさせて、反復練習する。
上等だ。意地でもマスターしてやろうじゃないの。

てなことで、久しぶりにアツくなっちゃいました。
怒りを捨てるとか言ってもこの程度です。踊りをからかわれたくらいで本気で熱くなりました。
なさけなし。。。
ま、黙々とマツケンの習得にエネルギーを転化して、キレたりせずにすんで良かったス。軽くキレそうになったけど。
やれやれ、怒りを捨てる境地に立つにはまだまだですね。書いたことと現実の自分のギャップ、なんと大きいことか。トホホ。
ムッとしちゃうのは仕方ない。感情が沸き立つのは仕方ない。
けど、たとえ感情が沸き立ったとしても、大嵐にならないようコントロールできるようになりたいな。
今回は何とかコントロールできた。ような気がする。
アツくなっても感情に飲み込まれませんように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 1日 (木)

連日のマツケンサンバ

ここんとこ連日マツケンサンバの練習だ。
きのうときょう、仕事が終わってから夜の8時までずっとマツケンの練習である。
つらい。非常につらい。
批判も多いようだが、あのマツケンサンバを踊っている本物のマツケンも腰元ダンサーズもかなりの体力を持っていると見た。本物の振り付けにはほど遠いハンパなシロウト踊りでも、かなりつらい。
しかも、われわれはテンポを落としてやっている。
ホンモノはだいたい137BPMくらいのテンポだが、こっちはAbleton LIVE5を使ってテンポを落としてオケを再生。ややゆっくり目に踊っている。だいたい115BPMくらい。たまにまちがってオリジナルテンポを流してしまうことがあるが、とても137BPMではついていけない。
おそるべし、マツケン・・・。
今夜はマツケンの練習の上、宿直に突入。あすはいちばん忙しい金曜日。夜は忘年会。
ひぃひぃ・・・。
ミーティングに行きたいッス・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »