« スノーボードのシーズン | トップページ | 本田美奈子さん死去 »

2005年11月 6日 (日)

4対25

きょうはいちにち本部の会議だった。
午前が会議で、午後が勉強会。本部の招集なので各支社の担当者が集まったがどこもみな表情は渋かった。まぁ休日をつぶされて表情が明るいわけもないのだが。
きょうはどんよりしたくもリ空。オマケに会場は暖房が入っていなくてものすごく寒かった。よその担当者はみな寒そうに首をすくめていた。ぼくはアパートを出るときにずいぶん迷ってタートルネックを着て行ったんだけど、結果的に正解だった。
それでも暖房の入っていない会場はものすごく寒くて、震えながら会議に参加していた。
会議と言ってもとくに何かを相談したり意見のすり合わせをするわけじゃない。本社トップが指針を説明して支部がそれを追認する。説明会と言った方が正確だ。
とにかくいちにち本部にいて疲れたッス。
本部にいたことよりも、支社の担当者(ほぼ全員が先輩格だ)が大勢集まって硬い表情で上っ面の会話をしている。なごみと言うものがまったくがない。その場の緊張がつらかった。
驚いたのは午前の会議が終わった後だ。
「ロ」の字に並べられた会議机とイスを本部の担当者3名が並べ直し始める。担当者ったってこちらと同様、仕事として命じられたからやっているだけだ。ぼくもごくふつうに机とイスの並べ直しを手伝い始めた。
が。
ふと見回すと、支部で机の並べ直しを手伝っているのはぼくしかいない。先輩担当者たちはみなうしろにいて、こちらが机・イスを並べているのを腕を組んで見ているだけ。本部担当者は3名。会議に出席した支部担当は総勢25,6人。
だ、だれも手伝わないとは・・・。
本部のやり方に納得が行かないとか完全トップダウンのやり方に異論があるとか、いろいろ腹の中ではあるでしょう。でもねー。机・イスを片付けるのくらい手伝ってくれてもいいでしょうに。
ううむ・・・。

この話はきょうのミーティングでもした。
でもやっぱりぼく自身、AAにつながっていなかったら後ろで腕を組んで、ほかのひとが机を並べてるのを見ているだけのひとりだったでしょう。たった3人がうんうん言いながら机を並べ替えているのを見ている、その25人の中に交じっていたでしょう。
ひとのために何かをするとかひとの役に立ちたいとか、考えることができなかったもの。いや、考えていたにせよ、実際に行動することはなかった。
ささやかでかまわないからひとの役に立ちたい。そう思えるようになり、なおかつ行動できるのはAAのプログラムがちょっとは染み込んできているからじゃないかと思う。
ほんとうにささやかだけどね。。。
本部へのゴマスリのように映ったかな?でも、どう思われたって構わない。うしろの25人の中にいなくて良かったよ。

|

« スノーボードのシーズン | トップページ | 本田美奈子さん死去 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35048/6933021

この記事へのトラックバック一覧です: 4対25:

« スノーボードのシーズン | トップページ | 本田美奈子さん死去 »