« スティーブ・アルビニに激しく同意の巻 | トップページ | 交響詩編エウレカセブンを見るの巻 »

2005年10月25日 (火)

隣市のミーティングへ

久しぶりに、隣の市のミーティングに行ってきた。
最後にこのグループを訪れたのは7月だったから、かれこれ3ヶ月ぶりだ。
日々バタバタと過ごしてて気がつかなかったけど、ずいぶん長いこと御無沙汰していたことになる。

久しぶりのF市のミーティングは、ずいぶんひとが少なくなっていた。
総勢6人のミーティング。そのうち、ぼくともうひとりは別のグループ。ネイティブのグループメンバーは、この日顔を出したのは4人。以前はもう少しいたように思ったんだけど。
それでも、この市のミーティングはとても落ちついたふんいきがある。
落ちついてて、自分に正直になれる空気がある。
ここに来るといつも、話すつもりのなかった昔のことを、気がつくと話している。
きょうもそんなつもりはなかったのに、いつの間にか学生時代の自殺未遂の話をしていた。
ふしぎだね。

Are you happy?
Are you happy?
生きてて良かった?生きてて良かった?

そうくり返し、自分に話しかけていたように思う。
ぼくの中の思春期の残照はまだまだくすぶってて、気がつくと過去へ過去へと押し流されそうになる。
世界を否定することでしか自我を守れなかったころへ。
いつか笑って、胸を張って言ってみたいな。
人生は最高だ。って。

|

« スティーブ・アルビニに激しく同意の巻 | トップページ | 交響詩編エウレカセブンを見るの巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35048/6581676

この記事へのトラックバック一覧です: 隣市のミーティングへ:

« スティーブ・アルビニに激しく同意の巻 | トップページ | 交響詩編エウレカセブンを見るの巻 »