« 萌えないゴミ | トップページ | ロッド・スチュワートさん »

2005年9月14日 (水)

ふたたびジム通い

ここだけの話にしてて欲しいんだけど、じつはふたたびジム通いをしている。
以前書いたところ。こことかここで書いた、例のジムだ。
ああ、この件を書いてからもう1年以上経つのか・・・時が経つのは早いものじゃわい・・・。
ここのジムは職場からクルマで5分と、非常にアクセスの良い場所にある。
が、営業時間が夜の9時まで。
それまで仕事が終わらないことも多々あり、なかなか思ったように通えない。
それでもぽつりぽつりと通っているうちに、だんだん体力がついてきた。ような気がする。
少しずつ体力が向上してくるのを実感するのは、わりとうれしいものだ。
会話はまったくないけど、顔見知りも少しずつ増えてきた。ホントに「顔見知り」の言葉通り、顔を合わせるだけなんだけど。

エアロバイクを漕いでいると、だんだん気持ちがハイになってくる。
最初の10分くらいは苦しいけど、そこを乗り越えるとふんわりとした高揚感がやってくる。
iPodshuffleでテクノ/トランス系の音楽を聴きながら(ケミカルブラザーズとかね)ペダルを漕ぎ続ける。BPM140くらいの曲、ペダルはその半分のテンポ、60/min.で漕ぎ続ける。
起承転結のある歌ものより、トランス系の音楽がぴったりくる。
四つ打ちビートとキラキラしたシンセサイザーの音の移り変りが気持ちいい。
エアロバイクのメータだけを見て漕ぎ続けているうちに音楽と肉体がシンクロしているような気持ちになってくる。
気がつくと汗をびっしょりかいていて顔から汗がしたたり落ちている。
すぐ隣でエアロバイクを漕いでいるひとも、ほかの利用者の姿もまったく視野に入らなくなる。
ひたすらビートとエレクトロニクスの世界に没入していく。
テクノ/トランス系の快感って、きっとこういう感覚なんだろうね。
ジム通い、今回はくじけずに続けたいものです。

|

« 萌えないゴミ | トップページ | ロッド・スチュワートさん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35048/5947575

この記事へのトラックバック一覧です: ふたたびジム通い:

« 萌えないゴミ | トップページ | ロッド・スチュワートさん »