« 東京で会議 | トップページ | みんなのためのルールブック »

2005年7月 4日 (月)

早起き大作戦の巻

早起きが注目されているらしい。
しばらく前から書店の平積みで、早起き関連の本を見かけるようになった。
手に取って見てみると、早起きの利点がいっぱい書いてある。
「たかが早起きで本を一冊書いてしまうのか」と軽い驚きを覚える反面、「ちょっとやってみようかな」とも思う。
しかし実践には至らず。
が、きのう(7月4日号)AERA(7月4日号)を見たら、早起きの記事が。
どーも早起き、流行っているらしい。
若手起業家の例が取り上げられていて、早起きして午前10時までにパーソナルな仕事を終了し、いちにちの仕事の主要部分は午前中にすべて終わらせてしまうんだとか。
時間に余裕ができて、朝晩にはヨガなんかやっちゃってるんだとか。
たしかにぼくも同じで、日中に次々舞い込んでくる仕事をこなしていると、じっくり時間を取って考える仕事があとまわしになる。「あとでやろう」と思うんだけど、夜更かしした揚げ句に能率が上がらず、結局は翌日に直前で仕上げることになる。
早起きして早朝にこれらの仕事をこなすと能率が上がり、時間にも余裕が生まれるんだとか。
なかなか良さそうな話だ。
ぼくの場合、仕事はともかく(おいおい)帰ってきてから家庭の雑事をこなそうとするとどうしてもギターを弾いたりDTMしたりする時間がなくなっちゃう。疲れているせいか、ついネットを無目的にぼーっと見てて、反射的にクリックをくり返しているうちにあっという間に夜中の1時過ぎになってしまう。
これではイカン。時間を有効に使い、音楽に時間をかけるのだ。
よしっ!さっそく今日から朝方にするぞっ!

・・・で、妻ともども、けさからさっそく早起きに挑戦しました。
5時に目覚ましをセット。さすがに5時ちょうどにはおきられなかったけれど、5時15分には何とか起床。
夏なので、外はすでに明るい。小鳥の声が聞こえる。早朝独特の空気を感じる。
シャワーを浴び、7時までDTMとギターのトレーニング。
おお、朝方、イイじゃんイイじゃん。
妻も何とか6時起きに成功。低血圧のせいかふだんはなかなか早起きできないんだけど。
朝食を済ませ、食器を洗い、職場にもふだんより30分早く出勤。
メールの返事を書いたりお気に入りサイトの巡回をしたり等の作業を、始業前に済ませる。
おおっ、早起き、なんかイイ感じだ。
いまのところ時間が有効に使えている上、気持ち的にも健康になったような気がする。
「早起きしちゃってるんだもんね、オレ」と思うと、ついホホが緩んでしまう。ふふふ。
うぉーしこれからは早起きライフだ!
・・・問題は、ちゃんと夜早めに寝られるかどうかだな。
人生は短い。早起きして時間を有効に使うのだ!

|

« 東京で会議 | トップページ | みんなのためのルールブック »

コメント

5時起き生活、すばらしい!!
私は、ヨガを本見ながらやってるんですけど、ヨガも早朝にやるのがいちばんいいって言うんですね。
日の出とともに・・・って言うのが理想みたいなんです。
試そうと思うんですけど、起きられません・・・(--;)
今のところ7時に起きるのが精一杯。
しかも気圧の関係だと思うんですけど、最近ではそれもママならず、起きても眠くて仕方ありません。
体の声に素直に従おうと、早起きは諦めました・・・。
カオルさん、応援しています^^

投稿: あすなろ | 2005年7月 5日 (火) 13:57

あすなろさん、コメントありがとうございます。
日の出とともにヨガ!って健康そうですよね。いちどぼくもやってみたいです。
けさ(7月5日)は5時半起きでした。
5時に起きるつもりが、どうしても起きられず。
だんだん遅くなってきて、そのまま三日坊主で終わってしまいそうな予感がひしひしと・・・。
「身体の声に素直に従う」って、イイ表現ですね。
ムリせず、起きられない時は起きられないままに、ぼくもやっていこうっと。
でもまずはがんばるのだ!5時起きに自分のありったけを賭けるのだ!
あすなろさん、応援ありがとうです〜!

投稿: カオル | 2005年7月 5日 (火) 15:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35048/4823314

この記事へのトラックバック一覧です: 早起き大作戦の巻:

« 東京で会議 | トップページ | みんなのためのルールブック »