« 早起き大作戦の巻 | トップページ | 電気グルーブとかスチャダラパー »

2005年7月 5日 (火)

みんなのためのルールブック

minnanorule
ひとの本棚はおもしろい。
意外な本、知らなかった本、知っていたけど手に取る機会がなかった本など、いろんな本に触れることができる。
まったく知ることがなかったジャンルを知る機会になったりする。
今回、友人の職場の本棚からおもしろい一冊を見つけた。

みんなのためのルールブック 当り前だけど、とても大切なこと

アメリカのある小学校の先生が書いたこども向けの本で、じっさいにその先生自身が授業で使ったルールをまとめたもの。
「あたりまえだけど、とても大切なこと」と言うサブタイトルが示す通り、学校という社会で生活する上で、そして生きていく上でたいせつなことが50項目にまとめてある。
シンプルで、なかなか奥が深い。
たとえばこんな調子だ。

「ルール2 相手の目を見て話そう」
「ルール6 誰かに質問されたら、お返しの質問をしよう」

説教臭くないのがイイ。
ウェットで説教臭い道徳話や美談ではなく、あくまで「ちょっとしたことだけど、じっさいに役に立つたいせつなこと」をまとめているのがイイ。好感が持てる。
いまどきのアメリカの学校で、人生観というか、ある種の道徳を学校で提示している先生がいる、というのもちょっと驚いた。この本を開くと、「そうだよなー。ゆとり教育とか総合学習で『町を調べよう』とか言う前に、こう言うのってたいせつだよなー」と思う。
著者の先生(ロン・クラーク氏)自身のポジティブな人生観が反映されていて、読んでいると希望が持てる。
アメリカでは学校というのは単に知識を伝授する場で、道徳やマナーに関すること、ましてや教師の人生観が反映されることなんて、まったくないものだとばかり思っていた。偏見ですね。すみません。
こども向けの本ではあるけれど、オトナでもドキッとするようなことが書いてある。

「ルール29 食べ物を欲張って取らない」
「ルール37 お世話になったひとにはお礼を言おう」

うう、すみません。
バイキングでいっぱい皿に盛ってきて結局は残してしまうひと。ぼくです。
忙しさにかまけて、ついお世話になったひとにお礼を言いそびれてしまうひと。ぼくです。
楽しいイラストで彩られたこの本、当分たのしく読めるにちがいない。
「あたりまえだけどとても大切なこと」を忘れず、ちゃんとしたオトナになりたいものです。

|

« 早起き大作戦の巻 | トップページ | 電気グルーブとかスチャダラパー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35048/4825685

この記事へのトラックバック一覧です: みんなのためのルールブック:

« 早起き大作戦の巻 | トップページ | 電気グルーブとかスチャダラパー »