« Ableton Live5登場! | トップページ | 痛みには成長が、成長には痛みが »

2005年7月26日 (火)

Live5!スゴイぜ!長尺もの同期に感動するの巻

Live5、インストールしてちょっとだけいじってみました。
まず、念願の長尺ものの同期。
おおっ!
こ、これはすごい!
曲ファイルをクリップスロットにドラッグ&ドロップするだけで、(ちょっと待てば)同期が完成しているぅっ!
ちまちまとテンポ合わせ用のマーカを設定しなくてもすむ!
テンポ検出性能がどれほどのものか、何曲か試してみました。
・スピッツ「正夢」。
曲のアタマがなぜか2拍目にずれてしまったけど、ずれを戻したら(ぼくの耳には)カンペキにメトロノームに同期。最後のリタルダンドのところが合わないのは仕方なし。
・ASIAN KUNG-FU GENERATION「振動覚」。
これもドラッグ&ドロップのみで同期完了。
・MONDO GROSSO「BLAZE IT UP」。
おそらく打ち込みで作っているだろうからテンポ検出・同期はカンペキだろうと思ったら、意外にずれます。
曲の最初の方でいろいろフックを作っているからか?
1小節1拍目の位置をずらして同期を試みるも、やはり曲後半になるとずれが目立つ。従来型の、あちこちでワープマーカを設定しないとダメかも。ほかにも賢い同期の作り方があると思うんだけど。ああ勉強不足。
レイ・チャールズ「you are so beautiful」。
これはアカンでした。
やたらタメの多いピアノ曲なので、ぜんぜん同期しなかった。

てなことで、テンポがハッキリした曲ならほとんど手間要らずで同期できます。
去年の「マツケンサンバのテンポを落として、4つ打ちバスドラとハンドクラップを入れる」なんて作業はあっという間に終わるでしょう。
うう、いったいいままでの苦労は・・・。
それにしてもテクノロジーの進歩ってスゴイですねー。
そうそう、ほかにも、いくつかのエフェクトをあらかじめ組み合わせてプリセットしてある「Audio Effect Groups」がなかなか使えそう。自分でエフェクトを試行錯誤しながら組み合わせるのも楽しいけれど、豊富なプリセットは時間の節約に役立ってくれそう。
「Amp」という項目もあって、「JC120」なんてプリセットもある。ひょっとしてアンプシミュレータ要らず?
これから少しずついじってみようっと。

|

« Ableton Live5登場! | トップページ | 痛みには成長が、成長には痛みが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35048/5155477

この記事へのトラックバック一覧です: Live5!スゴイぜ!長尺もの同期に感動するの巻:

« Ableton Live5登場! | トップページ | 痛みには成長が、成長には痛みが »