« OZONIC、音が出なかった・・・ | トップページ | musical batonが来ました! »

2005年6月20日 (月)

イカスぜ!東京ボブ・ディラン

626
東京ボブなるアーティストのCDを借りた。
「ミッドナイト・スペシャル」というアルバム。
東京ボブディラン
いやー、スゴイです。
ボブ・ディラン、クリソツ。
これ、質のいいディランのブートレグとして流してもじゅうぶん通用するんじゃないかな。
曲はトラディショナルフォークのタイトル曲「midnight special」から始まり、ディランのカバー曲が多数。「百万ドル騒ぎ」から「天国の扉」から「love minus zero」から「forever young」などが聞ける。セレクトも、「like a rolling stone」など代表曲ど真ん中はあえて避けて、やや渋め、でもちょっとディランを突っ込んで聞いているならかならず知っているナンバーが並んでいるのがいい。
いやー、もうほんと、ディランが歌っているとしか思えない。バックも異様に渋い。抑えに抑えたジミな演奏が光る。いやもういぶし銀。渋過ぎ。それを東京ボブさんのディランそっくりの歌声が包み込む。
この「東京ボブ」さん、いったいいかなる道を通ってこの「ボブ・ディランそっくり」道を歩むようになったのか。
「ボブ・ディランに影響を受けました」というアーティストは山ほどいる。
ほんとうに山ほどいる。
で、ふつうは「ディランに影響を受けて、自分で曲を作ったり詩を書いたり家を飛びしたりパフォーマンスしたり、なにがしかの自己表現を開始する」と言うのが常道だろう。
しかしおそらく東京ボブさんの場合は「ディランに影響を受けて、ディランの物まねをはじめる」という、ちょっとふつうには発想できない方向を選んだ。
オリジナリティではなく、あえて物まね。なりきり。
しかし、結果はどうか。
凡百の「ディランもどき」を飛び越えて、東京ボブは圧倒的なクオリティを聞かせるではないか。
これを物まねと言うなかれ。
東京ボブは物まねのレベルでは語れないクオリティの高い音楽を奏でている。
ぜひともこのまま、東京ボブ道を突き進んでいってほしい。
ぜひいちど見てみたいアーティストです。客の平均年齢、すっげぇ高いんだろうなー。
渋いポイントで渋くウケたりするんだろうなー。

このCD、例のIさんからお借りした。
彼は帰り際、こんなことを言っていた。
「東京ボブだけじゃない。それ以外にも、大阪ニールがいる」と。
大阪ニール。。。大阪のニール・ヤング・・・。
ううん、世の中は広い・・・。

|

« OZONIC、音が出なかった・・・ | トップページ | musical batonが来ました! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35048/4635391

この記事へのトラックバック一覧です: イカスぜ!東京ボブ・ディラン:

« OZONIC、音が出なかった・・・ | トップページ | musical batonが来ました! »