« たのむぞozonic!! | トップページ | throbbing gristle テクノと呪詛 »

2005年6月 1日 (水)

スゲェよサイクロン掃除機!

ええっと、結婚式ではほんとうにおおぜいのみなさんからプレゼントをいただきました。ありがとうございます。
その中で素晴らしかったもののひとつをご紹介。

National サイクロン掃除機、MC-F300XG

大学生時代の掃除機をずっと使っていたんだけど、とくに今まで不具合を感じていませんでした。
もちろん、
・重い
・掃除機をかけていると疲れる
・腰が痛くなる
・掃除機をかけたはずなのにゴミが残っている
・細かいところにノズルが入らず、綿ぼこりが残ったまま
などの不便さはありました。でも村上春樹風に
「そういうものだ」
と自分を納得させて使い続けていたんですね。ただ、やっぱり重いし疲れるから、掃除機をかける頻度はかなり少なくなっていました。だってたいへんなんだもん。

で、このニューマシン。
近ごろの掃除機はかなり進化しているとは聞いていました。欲しいとは思っていた。けど、まだ使える掃除機を処分して新しいものに買い替えるにはいたらず。もったいないものね。
で、結婚式でもらったニュー掃除機、とりあえず出初め式。
電源オンっ!おおっ!こ、これは・・・?!
手元のスイッチが何だかいっぱいある!
スイッチ好きのぼくにはたまらん(笑)!!
まずは緑のスイッチを押して始動。おお、か、軽いっ!部屋を転がしても(それほどは)重くないっ!
それにしてもノズルが小さい。これでは何往復も掃除機をかけないとゴミが取れないのでは・・・と思ったら、そうではなし。
たしかに広いところはノズルの横幅が広ければ楽だけど、それだと細かいところに先端が入らない。このノズルの横幅はその点広過ぎずせま過ぎず、ジャストな大きさなり。
なおかつ、ノズルが足のつま先でワンタッチで着脱でき、さらにせまいところの吸い込みも可能。
本体が小さいので、立て掛けても場所をとらない。
おおお〜〜!いいじゃんいいじゃん〜!
さすが21世紀のマシンだぜ〜!!

この「サイクロン式掃除機 MC-F300XG」デビュー以来、掃除機をかける回数が増えました。
て言うか、電源のそばに立てかけておいて、電源は入れっ放し。ちょっと綿ぼこりを見かけたらかるーく掃除機をかけてまた立て掛ける。その一連の作業がストレスなく行える。
良いことです。

思うんだけど、「ストレスなく行える」って言うのはとってもたいせつではないでしょうか。
CDも近ごろはiTunesに全部放り込んで、PowerBookからステレオに出力して聞いている。
DVD/CDプレイヤーもあるんだけど、CDを棚から探して取り出し、プレイヤーのトレイに乗せる、と言う作業がかなり面倒くさい。ダラクと言えばダラクなんだけど、いちどラクを知ってしまった以上はストレスに感じてしまう。
手間が減った結果、部屋がきれいになったり音楽に接する機会が増えるなら、それは良いことじゃないかと思うワケなんですよ。

それにしてもニューマシンの登場により、旧型掃除機はすっかり出番がなくなってしまいました。
ううん、場所も取るし、どうしようかなぁ・・・。

|

« たのむぞozonic!! | トップページ | throbbing gristle テクノと呪詛 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35048/4121449

この記事へのトラックバック一覧です: スゲェよサイクロン掃除機!:

« たのむぞozonic!! | トップページ | throbbing gristle テクノと呪詛 »