« 隣県のセミナー | トップページ | ミーティングざんまい »

2005年4月30日 (土)

結婚式の曲その2

ええっと、結婚式用に作った曲その2です。
open_door2.mp3(3.9MB)

タイトルは「open door」。その名の通り、オープニングの入場用です。
じつは今回、いちばん最初に作り始めたのがこの曲。で、最後まで決まらなかったのもこの曲。
とにかくCUBASEの基本操作さえ良く分からないところから始めたので、もーつらくてつらくて。
「なんでこんなに面倒くさいんだ!カセットMTRで作った方がましだ!」と、何度もキレそうになりながら作りました。
構成はBATTERY2のドラム、ドラムパターンのループが1トラック、ストリングスはNative instrumentのkompaktで、バイオリン、ヴィオラ、チェロをそれぞれ1トラックずつ。ベースはcubase附属のmonologue。始まりの8分音符の刻みは、エート、何だったか、とにかくソフトシンセ。イントロのシンセはalbino2
すべてのトラックをPC内で完結。さらにエフェクトもすべてVSTプラグインで。
で、結果どうなったかというと・・・。
最後にはCPU負荷が高すぎて、まともに音が鳴らなくなっちゃいました。フリーズ機能やオーディオ書き出し機能を使えば良かったんだけど、そういうことに気がついたのはあとになってから。
そうそう、途中でREASON3.0を購入して最初はそこに含まれるNN-XTと言うサンプラーでストリングスを鳴らしていたんだけど、REASONとcubaseを切り替える操作があまりにも重たくって、再度kompaktに戻した経緯が。
とにかくトラック作りからミックスまで、苦労の連続でした。
せっかくミックスまで終わったのに、PC環境以外のステレオで鳴らすとあまりにも音がちがってガクゼンとなったのもこの曲。モニタに使っていたCDコンポが、やたら低域を強調した音作りをしていたためでした。あわてて周波数特性がフラットなモニタを購入。泣きそうになりながら夜中にPCデスクを移動してモニタ環境を入れ替えた思い出が。
ええっと、曲はもう「ハッピーな結婚式用の曲」というイメージそのままです。あんまりロケンローじゃないけど、イントロのドラムパターンは割と気に入っています。シンバルのリバース音を入れたりしてね。

|

« 隣県のセミナー | トップページ | ミーティングざんまい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35048/3926347

この記事へのトラックバック一覧です: 結婚式の曲その2:

« 隣県のセミナー | トップページ | ミーティングざんまい »