« つ、つかれが・・・ | トップページ | 分がりゃん! »

2005年2月15日 (火)

たったひとつでも

たとえどんな土砂降りだって、ひとつでもしあわせなことがあれば生きていける。
クソみたいなまいにちでクソみたいなトラブルばっかりでも、ひとつだけしあわせなことがあれば。
だれにも分かってもらえなくても、だれにも良く思われなくても。
なじられても、怒られても、割に合わない仕事を押しつけられても、誰かの責任を問われても。
きみが分かっていてくれればそれでいいよ。
ぼくはいっしょうけんめいやった。せいいっぱい相手を理解しようとした。いまもしている。相手の言葉に耳を傾けようとしている。謙虚さを忘れないようにといつも思っている。足りないかも知れない。足りないかも知れない。自分にできる精いっぱいはしているつもりだけど。
それでも怒りを向けられるなら、ただそれを受けよう。黙って怒りの言葉を浴びよう。拒絶されるなら拒絶されるままにいよう。
きみが分かってくれてるなら、ぼくはそれでいい。
それでいいよ。

・・・ちょっと自己憐憫ぎみだね。

|

« つ、つかれが・・・ | トップページ | 分がりゃん! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35048/2940274

この記事へのトラックバック一覧です: たったひとつでも:

« つ、つかれが・・・ | トップページ | 分がりゃん! »