« 地区委員会 | トップページ | いかんいかん »

2004年12月13日 (月)

暴力のかおり

またまた例の年上の同僚の話。定番ネタになっているような気がするが、しばらく続くかもです。
彼がお昼ご飯の給食にまったく手をつけず、昼過ぎになってたたきつけるように下膳している、と言うのは以前に書いた。きょうたまたま、彼の下膳のあとを見た。
職場の廊下に給食のカートが出してあって、各自そこに給食を下膳するのだが。
2時ごろ彼が部署に戻ってきて、たまたまぼくも居合わせた。
例によって早足で自分の分の給食盆を手に取り、片手でドアをすごい勢いで開け、外に出る。
そして「がしゃぁん」と大きな物音がして、彼が下膳したことが分かる。
彼はそのあと足早でどこかに立ち去ってしまった。もちろん会話はない。何か話しかけようと思ったが、正直言って恐い。おそろしい。給食のお盆をたたきつける物音に恐怖を感じる。
暴力のにおいを感じる。
で、ぼくもしばらくして現場に出かけ、その途中たまたま彼の下膳したお盆が目に入った。
まったく手をつけられずに冷めていったご飯、おかず。
その脇に、箸袋に入ったままの割り箸。
そして勢いよくたたきつけたためみそ汁がお椀から飛び出し、あたり一面に具が飛び散っていた。
箸袋。給食盆。カートのトレイ。箸袋は濡れてぐしゃぐしゃになり、そこいら中に飛び散ったみそ汁が不規則な水たまりを作っている。
そしてあたり構わずワカメと豆腐が散乱していた。

ワカメに罪はないでしょう。
豆腐に罪はないでしょう。

暗い廊下の片隅の給食カート。見ているだけで気が滅入ってくる光景。
そこには暴力の不吉なかおりがただよっていた。

彼はその後も、何かに取りつかれたように印刷し損じのプリンタ用紙を何十枚も、ものすごい勢いで引き裂いている。
事務に行けば業務用のシュレッダーがある。何もここでそんなことをする必要はない。
彼の動作のひとつひとつに拒絶と暴力を感じる。

ぼくが過敏になり過ぎているせいかなー。
「あまり深刻になり過ぎるな。笑えるようになれ」
AA(Alcoholics Anonymous)の「12のステップと12の伝統」にもそう書いてある。
でもおっかないんだもん。とても気軽に話しかけられない雰囲気。ほとんどダース・ベイダー。
いやはや。イヤな相手ほど共感を持って接する。怒りを手放す。
ほんと、言うのはカンタンだけど実践はむずかしいよー。
いまの彼に話しかけるのは、ありったけの勇気をかき集めてもムリそう。
いやいや、暴力に焦点を当てちゃダメだ。彼の孤独といらだちを想像してみよう。
まーでもとりあえずは「様子を見る」作戦かな。。。

|

« 地区委員会 | トップページ | いかんいかん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35048/2256622

この記事へのトラックバック一覧です: 暴力のかおり:

« 地区委員会 | トップページ | いかんいかん »