« 暑さ寒さも彼岸まで | トップページ | ファインディング・ニモ »

2004年9月25日 (土)

最後の実行委員会〜ぼくらはみんな生きている〜

AA(Alcoholics Anonymous)、わが地区のラウンドアップ。
その最後の実行委員会がありました。と言っても、もうイベントは終了しているのでまぁ反省会ですね。
お金の処理など事務的なことを決めて、あとはざっくばらんな意見交換をしてなごやかに終了。
良いラウンドアップだったし、良い実行委員会でした。
実行委員長という役割を通して、なんだか自分も成長できたような気がします。
また次の機会があったら、おそれずに役割を引き受けたいなと思いました。
みんな、また会おうね。

それにしてもこの雰囲気、なんだか文化祭に似ている。
始まるまでの、期待と不安ともどかしさが入り交じった気持ち。予想もしなかった事態が次々と襲いかかってきて途方に暮れる感じ。困難な事態をみんなでいっしょに乗り越えていく感じ。気持ちがひとつになっていく感じ。イベントが始まったときの高揚。何がなんだかわからないうちにあっという間に過ぎ去っていく感じ。終わったあとのすがすがしさ、寂しさとうれしさと自信がまぜこぜになった妙な気持ち。すこしせつない感じ。
考えてみたら、学生のころの文化祭には全然コミットしてこなかった。そう言うイベントに喜々としてコミットしている連中に反感と、そしてうらやましさを感じていた。自分はずっと蚊帳の外だった。
いまこうして文化祭みたいなイベントを作って、なんだか学生の時に手に入れられなかったことをやっと手に入れたような気がする。
仲間と何かを作り上げる感じ。高揚と一体感。
それはとてもすてきな感じなんだ。おお、これってまさに青春じゃないか。
学生の時間はとっくに終わってしまったけれど、いまこうして新しい生き方を手に入れている。その中で、ドキドキを感じられる。ノっている自分を感じる。そしてAAのノリは、これからもずっと続いていく。
生きているって、こういう気持ちなんだ。
ずっと知らなかった。
なにか温かいもので自分が満たされているのを感じる。優しいもので包まれているのを感じる。感じることができる。そう思っている自分に驚く。憎悪と孤独とアルコールの海の中では見つけられなかったなにか。
やっと見つかった。いまはそんな風に思える。
でも旅は終わらない。ぼくたちは成長していく。

|

« 暑さ寒さも彼岸まで | トップページ | ファインディング・ニモ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35048/1520897

この記事へのトラックバック一覧です: 最後の実行委員会〜ぼくらはみんな生きている〜:

« 暑さ寒さも彼岸まで | トップページ | ファインディング・ニモ »