« 夏が終わっていく | トップページ | 液晶TVをめぐる考察 »

2004年9月 4日 (土)

Mac今昔記

またまた土日は宿直。職場にお泊まり。
ヒマだったので、思い切ってパソコンの初期化に挑戦しました。
2年前に購入した、PowerBook1GHz。MacOS9が起動できる最後のノート。
パソコン雑誌の付録やらネットで落としてきたさまざまなソフトを載せたり削ったりしていたら、いつの間にかハードディスクの容量が心細くなっていたのです。
60GBのHDDが、気がついたら残り10GBを切っている!こ、これでは音楽ソフトを載せることもできないし、載せても録音をするスペースがないでは!
一念発起して、午後1時から作業を開始。
まずは外付けのHDDに、内蔵HDDをそのままバックアップ。これで万一のことがあっても現状に戻せるはず。そしていよいよインストールCDから再起動し、ハードディスクを初期化!これでも後戻りはできないぜ!
まずはOS10.3をインストール!続いてOS9だっ!おお、なぜかOS9のインストール作業中に爆弾頻発!なぜ?!どうしてッ?!
焦って気持ちが動転。気がついたらOS10.2を載せはじめている自分。おおおっ?!
その後、3回くらい初期化してはOSをクリーンインストール、と言う作業を繰り返しました。それが終わってから、各種アプリケーションのインストール。20ケタくらいのアルファベットと数字の組み合わせを、エンエン打ち込み打ち込み・・・。
それが終わったら、バックアップからフォントや各種設定を戻す作業。
つ、つかれた・・・。
どうにか形が付いたのが、ついさっき。夜9時半ごろ。エンエン7時間以上かかったのでした。つかれたよ〜。
思い出してみると、昔はこうじゃなかった。
Macは簡単にいじくり回せるのが醍醐味だった。いろんなソフトを入れてもシステム自体には影響がないから、気軽にいろんなソフトを突っ込んで遊べた。不具合が出たら、自分が入れたフォルダから削除しちゃえば良いだけだったものね。
Windowsマシンのように、良く分からないDLLファイルだのレジストリの書き換えだのがない、シンプルな世界だった。
それが。
いつの間にか、世の進歩とともにMacも変わっていった。OSXになってから、ユーザは滅多にさわれないフォルダやファイルが増えてきた。
ソフトをインストールしても、どこにどんなファイルができているのかひとつも分からない。
昔はこうではなかった。
アプリケーションだったら、アプリケーション本体と初期設定ファイル、機能拡張ファイルとコントロールパネル書類をコピーすれば、あっと言う間に元の環境に戻せた。ま、それだけコピーもしやすかったんだけどね。
ぼくもこっそり、職場のMacからアプリケーションを自分のMacにコピーしちゃったことがあります。インストールCDがなくても、しかるべきファイルをしかるべき場所にコピーしちゃえば、簡単に自分のMacで走った。
ま、たまーに不具合もあった。アプリケーションの中のリンクがとぎれてしまって、途中で動かなくなったり。そんなときでも、簡単に削除できた。
「簡単にソフトがコピーできる」というのは、Macの自由な文化の象徴だったと思う。ぼくの最初の職場のMacも、登録者名が北九州の会社になっていたのがあった。コピーが回り回って、ほとんど日本列島を縦断していたんだ。でも、いくら簡単にコピーできるとは言っても、お金に余裕がある人はちゃんと購入していたと思う。近ごろのパソコン事情とは反対の、なんというか、非常にのびのびした自由な空気があった。
パソコンのアクセス権だの管理者権限だのもなかった。せいぜい、ヤバい画像が見られないように自分のフォルダに暗証ロックをかけるくらいのものだった。
何とも世知辛い世の中になったものです。そりゃーMacは人気がない。
OS9はツラいことも多かった。止まって欲しくないときに限ってフリーズする、何ともトホホなパソコンだった。でもそれが楽しかったんだよねー。自由でポンコツなパソコン。まるで自分で組み立てた頼りない自転車みたいな、ちょっと誇らしいパソコン。調子が良いときは、ほんとうにいっしょに作業してるって感じるパソコン。
ほんと、アクセス権だのユーザパスワードだの、もうやめましょうよー。大半のユーザはぼく同様、ひとりで使うだけなんだから。家族数人で一台のパソコンを使い回してるなんて、聞いたことないっすよ。いまどき、ふつうにひとり一台でしょ。固まらないのはうれしいけど、いまのMac。
ちょっとノスタルジーを感じます。

|

« 夏が終わっていく | トップページ | 液晶TVをめぐる考察 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35048/1358014

この記事へのトラックバック一覧です: Mac今昔記:

« 夏が終わっていく | トップページ | 液晶TVをめぐる考察 »