«  がんばれ!!念力ブログ!!! | トップページ | ブラックアウトとタイムマシン(2) »

2004年6月 4日 (金)

意志を定めるふしぎなちから

勝ち組、負け組。
ヤなことばだ。
キーワードとしては刺激的だしマスコミ受けする流行語だと思う。
明らかに露骨でゲヒンで身も蓋もない言葉だから、すぐすたるかと思っていた。
んが。
気がついたら、はじめてこの言葉を聞いてからずいぶん経つのに、まだ使われ続けている。それどころか最近じゃ「負け犬」などとさらに刺激的なフレーズまで飛び出している。
まけいぬ・・・・むかし、スターリンの曲であったっけなー。そう言えば。

勝ちとか負けとか、そもそもその場の勝負の優劣を付けるための言葉、と言う気がする。
スポーツの試合とか、入試の合否とか、ね。
自分の能力を勝負にかける。負けたら反省点を改善すれば良し。勝ってもそれはその場、その勝負に勝っただけ。
「その場の」「その勝負の」優劣を付けるための言葉であって、決してひとの優劣を付ける言葉ではないと思う。
また、ぼくたちは「ひとの優劣、高低を付けるのは卑しいことだ」「たとえそう思ってもそれを口にするのは恥ずかしいことだ」と教わって生きてきたと思う。実際はどうあれ。
それが昨今、どうどうとひとの優劣を口にしてはばからない風潮。
流行語だから、みんな使っていることばだから。
へんなの。

ことばって、ふしぎな力があると思うのですよ。
群馬大の精神科の福田先生ってひとがおもしろいことを言っててね。
ことばには、意志を決定する、意志の方向を決める力があるんだって。
たとえとしてあげていたんだけど、割り勘の計算の時に「えーと、サトウさんから1000円もらったから250円返して、タナカさんとイトウさんからは二人まとめて2000円もらったからこっちの500円を渡して・・・」なんて口で話しながらのひと、いるでしょ。
暗算だとまとまらない計算でも、ことばにしながらだと、ふしぎとすんなりいく。
これは、ことばによって意識を集中させる作用があるからだ、そうな。
言われてみればたしかに、ことばにすると意志が決まるって言うこと、あるよねー。
なんとなく「○○ちゃん、かわいいなー」と思っているほのかな気持ちも、友だちに「オレ、○○ちゃんのことすきなんだよ」と話したとたん、急に自分で盛り上がっちゃったりして。

ぼくたちは日々のミーティングで序文を読み、12のステップを読む。
儀式的でむだだなーと思うときもあるけれど、もしことばにしなかったら、きっとすぐに忘れちゃうじゃないかと思う。
ミーティングでの自分の話もそう。
ことばには意志を決定するちからがある。
憎しみばかりを吐き出していたら、意志が憎しみの方向に行ってしまう。
悲しい気持ちばかり話していたら、悲しみでもっと胸がいっぱいになっちゃう。
憎しみや悲しみや怒りの話をしても、最後にはきょういちにちの自分をゆるし、相手をゆるし、神の意志が行われるように祈る。そして、そのようなことばを口にする。

そう言うおこないの中にはきっと、勝ちだとか負けだとかの価値観なんてないんだと思う。
ぼくは別に勝たなくてもいい。
マンガみたいな不幸が次々襲いかかってきて、どんどん負け続けてもいい(ヤだけど)。
負けてもくじけないこと。
くじけてもめげないこと。
めげても死なないこと。
死ななきゃどうにかなりますよ、ホンマの話。

「勝ち組」なんてだれもいない。まけてもくじけないこと。

|

«  がんばれ!!念力ブログ!!! | トップページ | ブラックアウトとタイムマシン(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35048/711311

この記事へのトラックバック一覧です: 意志を定めるふしぎなちから:

«  がんばれ!!念力ブログ!!! | トップページ | ブラックアウトとタイムマシン(2) »